徳島自動車事故を起こした運送会社とは…追突されたバスの車種は?

      2017/09/02

非常に残念なニュースが舞い込んできましたが、どうやら徳島県鳴門市の徳島自動車道で停車していたマイクロバスに、トラックが後方から激突し、多数のけが人などが出たという報道を拝見しました。

一時期、高速道路でのバスやトラックの事故がクローズアップされた時期もありましたが、本当に残念な結果と申しましょうか、心痛まれないのですが、今回追突されたマイクロバスですがどうも道端に停車をしていたんだそうですが、この停車していたマイクロバスは故障をしていたとの報道もありますね。

ともなると、まずは考えられるのが、マイクロバスは本当にちゃんと整備がしてある車両だったのかということにもなりますし、道をふさいで停車していた訳ではないのに、何故そこにトラックが突っ込むのかという点も気になりますよね。

今回ボロボロになった車ですが、この状態でもトラックであれば十分買取は可能ですね、ここは自動車屋目線になってしまうのですが、このような事故でなくとも、お乗りのお車が事故をしてしまい、廃車にしてしまわないといけないとお感じのあなた、それは間違っていますよ(笑)

事故車の買取実績No.1

どちらの場合も問題があるかもしれませんが、気になる事故を起こした会社やそれ以外に気になることを、色々と解説をしていきたいと思います。

Sponsored Link

徳島自動車事故を起こした運送会社はどこなのか?

今回現行犯逮捕ということですから、普通に考えると、追突した側の責任が大きいと思いますが、私も昔事故を起こした時には、出会いがしらの事故だったのですが、私の車の方が先に頭が出ていたにもかかわらず、何故だか突っ込んできた車の方が過失割合が少ないというような判断がなされ、泣き寝入りをしたこともあるのですが、今回の徳島自動車事故で、トラックの運送会社は、過失を認めるのでしょうか。

運送会社は愛媛県にある東西物流という会社のようですが、この度の事故で色々と調べられる可能性もあるでしょうね、健康状態は大丈夫だったのかなど、かなり調べられますからね。

先日の北海道での事故についてもまとめていますが、ドライバーだけでなく会社の責任もありわけですからね。

網走観光交通 転落事故の原因は何…ハンドルをとられた理由とは?

 

三菱ローザ

 

徳島自動車事故の原因は何?

事故の状況を確認すると、推察するにドライバーの前方不注意や居眠り、もしくはスマホを見ていたなど色々と可能性はあるわけですが、以前もポケモンGoをしていたトラックドライバーの事故もありましたかね。

今回停車していたバスも、発煙筒をつけていなかったなど、色々と言われていますが、かなりの衝撃具合をみても、スピードが出ていた可能性もあり、前方不注意と言う点は、免れませんよね。

【KEIYO 慶洋エンジニア】居眠り防止・わき見運転防止居眠りウォッチャー ひとみちゃん【AN-S018】

リミッターつきのデジタコであれば、トラックもスピードを出さなくできるのですが、年式が古いトラックだったのでしょうかね。

今回の争点では、運送会社は三角表示が無かったことや発煙筒など、その部分について争うでしょうね。

 

Sponsored Link

徳島自動車事故 追突されたバスの車種は何?

今回の徳島自動車事故で追突をされたバスですが、かなり大破しておりましたが、形などから推察するに、トヨタコースターと呼ばれるバスではないかと思われます。

キャンピングカーなどとしても利用されることもあり、サイズもショートタイプのものがあるので、実は人気のマイクロバスなのですが、実は意外と知られていないので少し説明申し上げますが、価格帯は車体のみで大体900万円です。

ですから、クラウンなんかよりもよっぽど高いのですが、平均燃費も8キロほどということで(カタログ値)意外と悪くないのが特徴です。

メーカーオプションで補助ステップをつけたり、換気扇、冷蔵庫なども付属したりできるようですが、ここらへんをフルオプションにすると、グレードEXは1000万近くする車両になろうかと思います。

トヨタコースターの車両動画についてはこちらにのせていますので、ご参考にどうぞ!

※バスのメーカーは三菱のローザであることが判明しました!お騒がせいたしました。

 - 自動車事故