スピード違反はバレるのか?バレない方法やオービスの光り方とは…

   

どうも大和です、最近アメリカ製の車で130キロを超えるスピードで走り、スピード違反をした車があったようですね、何故かこのようなスピード違反の車と言うのは、いつの時代でも少なくなりませんよね。

安全第一で免許を取ったはずなのに、やはり気の緩みや大丈夫だろうというドライバーの過信で、このようなスピード違反が無くならないのだと思いますが、もし事故を起こせば、ドライバーはもとより被害者が出る可能性もあり、スピード違反というのは許されるものではありません。

しかも、事故となると事故の修理費用は莫大となりますし、巻き込んでしまえば相手の修理代など自分の力では払えないようなお金を払わなければならず、保険に加入しているので大丈夫であろうという気持ちを持っていては、大変まずいです。

「動かなくなった車、どうすればいいの?」

事故を事故を起こして動かなくなった車は、売るにも売れませんし、どこでどのように処分をすれば良いのか分からない人も多いと思いますね、私の元にも自損事故などで車を廃車にしたいというお願いが意外と多いです。

そのような車は状態によってはお値段が付けられる場合もあるので、買取という形をとりますが、事故だと価値がないと思われている人はかなり損をするでしょうね。

人生のうち何回も車の乗り換えをしていくと思いますが、0円とか反対にお金を請求されたことがある人は、一度見積もり査定をしてみるといいと思いますよ。

A社が3万円、B社が2万円、C社が10万円というような、驚きの査定価格が出ることが、かなりの頻度でありますから、諦めずにネットで3分くらい簡単な入力をして一括査定をしてみましょう。

一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!

家の駐車場から動かせないなどの状態でも、可能性は高く、諦めて廃車にという思いをされている人は、間違いなくやっておくべきでしょうね、私の経験上だと、お金になったと言う人が非常に多いです。

さて、今日はスピード違反について少しまとめていこうと思うのですが、気になるのはバレるのか?バレないのかと気にしている人も多いので、その辺りについての説明と、よく聞くオービスの光り方などについて書きます。

Sponsored Link

スピード違反はバレるのか?バレない方法はあるのか…

スピード違反をしたと認識のある方は、メーター読みで制限速度を超えていたことをはっきりと自覚している人が多いと思いますが、ついつい気持ちが高揚していて、いつの間にかスピードが出ていたと言う人もいるでしょう。

特に女性などは、意外とスピード違反の自覚が無い人が多く、気が付けばスピード違反をしてしまっていたと言う人が多いです。

結論を言うと、スピード違反は違反ですから、大きな罪となる認識をもって、ハンドルを操作頂きたいのですが、ではスピード違反がバレるのか?と言いますと、バレる可能性は状況によります。

駐車場での事故 過失割合はどうなる?後方から衝突された場合は…

まず、一般道などでは警察が回遊しているポイントやルートというのはある程度限られており、そのあたりスピードを出せば違反検挙ということになろうかと思いますが、団地内や限られたポイントで制限速度を多少超えたくらいではバレないでしょう。

ただ、何度も言いますが、標識や公道に書かれた制限速度を超えるのは罪です。

バレるからやめようとか、バレないから大丈夫という気持ちは捨ててしまいましょうね、それでもバレない方法をさがしているあなた、バレない方法があるとすれば、今回のようにナンバーを外して走るというようなことをすればバレない可能性はありますが、これも犯罪ですからね。

今回のスピード違反でも、ナンバーを外していたそうですが、結局車体を割り出され検挙されていますからね。

 

スピード違反

 

オービスの光り方とは?光ればスピード違反なのか…

オービスという言葉を聞いたことがあるドライバーが多いとは思いますが、聞いたことが無い人はオービスについて学んでおくべきですね。

スピードが知らず知らずに出てしまうと言う人は、場所によってはオービスが光り、スピード違反がバレてしまうということがあるため、知っていて損はありません。

【レーダー探知機】コムテック ZERO 704V+OBD2-R3セット 無料データ更新 移動式小型オービス対応 OBD2接続 GPS搭載

さて、オービスとは高速道路や有料道路などのスピードが出やすい公道に設置されており、車で走っていると目にする機械なのですが、この機械は門型のようについているものから、道路脇の茂みから出ていることがあります。

オービスとは自動取締の機械ですから、近くに警察官がいるからスピードを緩めようという方法は通用しませんし、このオービスと言うのは全国各地にありますから、頭で覚えておくと言うのも難しいでしょう。

スピード違反を起こすのは怖いと言う人は、レーダー探知機を購入して取り付けておくことをお勧めします、機械音や音声でオービス区間かどうかをしっかりと判別してくれるので、車のことはわからないと言う人も、購入してカー用品店などにいって取り付けをしてもらいましょう。

私は大体国産車であれば30分くらいで取り付けてしまうので、取り付けに時間はかからないでしょう。

【レーダー探知機】コムテック ZERO 702V+OBD2-R2セット 無料データ更新 移動式小型オービス対応 OBD2接続 GPS搭載

ちなみにオービスの光り方は、赤い光のような閃光を感じる人が多いのですが、その通りですので赤く光るとアウトだと思ってください、そして光れば必ずスピード違反なのかと言うと、ほぼスピード違反です。

車間距離を詰め過ぎていて、前の車の可能性も…という人もいるかもしれませんが、まず自分の車である可能性が高いです。

Sponsored Link

オービスが光りスピード違反が確定…届く通知書とは?

オービスが光ってしまった…もう間違いなくスピード違反なので、車を処分しようがどうしようが、あなたの元にスピード違反の通知書が届きます。

ではどのような通知書が届くかと言うと、まず出頭する日時や出頭場所などが記載されていますから、あのときのスピード違反のものだなとすぐにわかると思います。

通知書とだけ書かれていますが、携行品なども書かれているので、忘れ物の無い様に向かいましょう。


車の運転者と所有者の確認などを行い通知書が送られてくるので、オービスが光った次の日に通知書がくるということは稀なのですが、もしこなければラッキーだというぐらいで待っておきましょう。

必ず通知書が届きますし、都市伝説ではとなりに女性が助手席やとなりに乗っている場合、オービスが光っても問題ないというような話が横行していますが、大きな間違いです。

プライバシー問題でスピード違反が無効になるなどといった迷信は信じないようにしましょう。

ただ、隣に問題のある女性が乗っていた場合は、オービスのスピード違反よりももっと大変な揉め事になることもあるかと思いますが…。

 - 自動車事故