ドアパンチ 被害者からの請求が高い場合の対処法や解決策とは…

   

ドアパンチをされてしまった…してしまったというのは車の運転をしているものにとっては後にも先にも出てくる話なのですが、ドアパンチをされた被害者が修理見積もりなどで異常に高い請求をしてきた場合。

あなたならこのシュチュエーションどうされますか?あなた自身は加害者なのは確定ですが…被害者側がいきなりかなりの金額の請求をしてきたら、さすがに腹立たしいですよね。

今日はドアパンチをされた被害者から法外な請求が届いた場合の対処法や解決策について書かせて頂きますね。

 

Sponsored Link

ドアパンチ 被害者から法外に高い請求が届いた際の対処法とは?

ドアパンチといえば、ミラーや車のドアなどを当ててしまうケースが多いかと思いますが、被害者から法外に高い請求が来た場合にはどのように対処すれば良いか?

例えばですが、ドアパンチ程度であればドア1枚でも車種によりますが、例えば国産自動車などであれば、そう高くでも4万~5万くらいで話がつくのですが、相手側から10万とか15万というような請求が来た場合、まずは拒否してください。

まず、この修理費用が正当であるか全く根拠がありません…例えばディーラーの見積もりなのでというような方もいらっしゃいますが、ディーラーが全てではありません。

いつも申し上げている通り、ディーラーも結局は自社鈑金ではなく、外注に出していますし、むしろ鈑金1本でお仕事をされているところに出した方が、結果安くつくことなんで往々にしてあります。

ですので、全く根拠に欠ける修理費用の請求だということで突っぱねましょう!そして次に書かせて頂くのはその後の対応です。

 

ドアパンチ 被害者 請求

 

ドアパンチ 被害者からの請求を拒否してからの対応方法や解決策とは…

ドアパンチをされた被害者からの高額な請求を拒否した後に、被害者側は誠意が感じられないと言う事で、恐らくお怒りにはなるでしょう!

ただ、こちら側も法外な請求に対しては、いかに加害者といえど言いなりはいけません!まず、支払いは拒否するものの勿論過失は認めますという話になろうかと思いますが、ここまではOKです。

あなたが悪い訳ですからね(笑)被害者側は修理して欲しい、そして加害者側は過失は100%認めるので正当な修理費用であれば支払うというところで解決策を考えるのであれば、加害者側が実際に修理工場に問い合わせをいれて、その修理費用が正当な主張ではないことを証明すれば良い訳です。

勿論、被害者側の車を加害者側の人が誘導ないし、案内をして持ち込むことは必要であると考えられますが、勿論そんなことに被害者側はすんなりとはのってこないでしょうね。

ドアパンチになる風速は何m?加害者にならないようにする方法

でもこれで良いのです!こちらは、その見積もりは他の相見積もりなども全く取られていない状況で、その修理費用が妥当であるか欠けていると指摘し、支払う解決策として複数社の見積もりをしてくれ、自分の知り合いの修理工場であればドアパンチの修理は安くできると言っている。

そこでもしもディーラーと同じ修理費用であれば払うが、ディーラーよりも安い修理費用となった場合にはそちらで修理してもらった実費については支払う。

これで良い訳です!解決に向けた提案がなされており、単純に逃げ得のような完全拒否をしているわけではないですからね(笑)これでもダメな場合には次のような話になるかと思います。

 

Sponsored Link

ドアパンチされた被害者が解決策を拒んだ場合の対処法とは…

もうこちらとしては提案をしているわけですから、あとは被害者がどうするかを考えるだけですね(笑)恐らくこの提案にはのってこないことが考えられますが、まずは待ちましょう。

もしかすると状況によっては、裁判だのチラつかせる方もいるかもしれませんが、裁判をやって頂いても良いでしょう!恐らく、その前に和解とか調停というような話になると思いますので。

 

実際このドアパンチ修理で裁判をしたところで…正直時間やお金の無駄だということに被害者側も気が付くはずです(笑)こちらとしてはすぐにでも支払たい、でも被害者側の高額請求に納得できず、困っている。

手に修理して勝手に高額な請求をしてくる輩のような人はまだまだ多いです(笑)事故したときには善人だったのに、何故だかその後には入れ知恵されたのか、あーでもないこーでもないと言う人もかなり多いのが実情です。

あせらずに、真っ当な請求が手元に届くのをまって、ちゃんとそのドアパンチ部分に対しての最低限必要な修理費のみ払うようにしましょうね。

 - 自動車事故, 自動車修理, 自動車運転