エンジンオイル漏れを防ぐ方法や原因とは…修理費用や放置もOK?

   

エンジンオイルですが、いつの間にか漏れていることも多々あります!内部燃焼のタイミングで燃えてしまう事もあれば、漏れることで減るということもあるのです!エンジンオイルは無くなると大問題(笑)過去にも色々な記事で書かせてもらっていますが、絶対に漏れは防がないといけません。

ということで、今日はエンジンオイル漏れを防ぐ方法や原因、そして修理費用そしてオイル漏れ状態は放置でもOKなのか?について書かせて頂きますのでどうぞご覧くださいね。

 

Sponsored Link

エンジンオイル漏れを防ぐ方法やそもそもの原因とは何?

新車の時から漏れていると言う車はほぼ無いかと思いますが、何故オイルが漏れるのか…そもそもの原因が気になるところですよね?その原因ですが、間違いなく各種パッキンやガスケットの劣化が原因です。

物理的な損傷などが原因で漏れることはあるかもしれませんが、事故をしていない車輌などでは間違いなくエンジンオイル漏れはゴム関係の部品が原因ですね!ではどうするか?この原因を潰すには原則部品交換です。

エンジンと締結されている各種部品にはシール機能を持たすために、金属部品同士の勘合ではなくパッキン類を間に挟んだ上で結合していますから、間違いなくその辺りの交換が必要ですね。

でも漏れを防ぐ方法は順序も御座いまして…ちょっと悪あがきな部分はありますが、まずやってもらいたい方法から最終的な修理するまでの方法まで最後の方で説明させて頂きますね。

 

エンジンオイル漏れ 原因

 

エンジンオイル漏れの修理費用はどのぐらいかかるの…放置でもOK?

エンジンオイル漏れについてですが、修理費用などどのくらいかかるのかご不安もありますよね(笑)これ端的に申し上げますと、漏れている場所によって全然修理費用が違います。

例えば、ヘッドカバーなどの漏れ1つにとっても、軽自動車からV8エンジンなど様々なエンジンの種類で工賃が大幅に変わります!パッキンの形状などもエンジンの形によって様々ですからね。

他にも、漏れている場所がかなり作業性の悪い部分や部品のその多くを取り外しての作業をしなければならない部分などは、やはり高額になりがちですね(笑)車種によっては、エキマニあたりのパーツを外して修理!なんて車もありますよ。

特に輸入車はエンジンのオイル漏れはとにかく多いですから、修理費用は複数個所にも及ぶと5万…6万…7万と上がっていきます!多くの場所が漏れる前に、修理しなければ間違いなくほぼ100%高額修理になりますね。

さて最後に書かせて頂くのは、オイル漏れの初期対応の修理方法など解説したいと思います!ちなみに放置でもOKと言えばOKです!エンジンオイルが漏れていても結局、継ぎ足ししながら乗れなくはないですからね。

エンジンオイル 継ぎ足しの種類は何でもOK?入れ方や注意点他

ただ、車検についてはエンジンオイルが漏れているとダメです(笑)結局は修理しなければならなくなりますので、修理の後回しになるだけではありますけどね。

 

 

Sponsored Link

エンジンオイル漏れの「漏れ止め」修理方法について

エンジンオイル漏れですが、最終的にはパッキン関係の交換ということで決着すると思いますが、でもオイル漏れについては初期段階だと漏れ止め剤で何とかなることもあります。

漏れ止めについてですが、修理方法は至って簡単です!どのようなアイテムを利用して施工すれば良いか、ちょっと商品を紹介しますので、初期段階でちょっとチャレンジしようと言う人はどうぞ参考にしてください。

 

実際に、レビュー件数も圧倒的に多く、使用されている人が多いのは…間違いなく効果があるから(笑)だと思うのですが、私もワコーズかニューテックを利用しています。

ポタポタと地面に滴るほどのオイル漏れはさすがに難しいですが、多少滲んでいるかな?と思えるような車には最適ではないかと思います(笑)個人的には複数回の利用で効果が実感できるかと思いますが、修理に数十万単位がかかるなど主治医から宣告されたようなお車であれば間違いなく試す価値ありです!というのも…最終的にはパッキン関係の交換をすれば良い訳で(笑)試して漏れが止まれば車検もOKです。

オイル消費についても効果があると言う人もいますが、それは漏れが止まったことで消費も少なくなったかと思われます!気になる人は是非お試しを!

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車車検, 自動車運転