BMW 内装が安っぽい理由は?ボタンやスイッチのベタつき除去法

   

おはようございます大和です、今朝も少々早く目覚めましたので、朝食を食べながら記事を書かせて頂きますが、今日はBMWの内装についてのお話です。

どうもBMWの内装の評価は…高級車の割に安っぽい!と言う人が多いです(笑)それと比較してか、ベンツは高級感があるだなんて言われていますが…何故内装が安っぽいと言われるのでしょうか?

 

 

これには…思い当たる理由があるのですが、その理由をいくつか書かせて頂くのと、特に評判の悪い、スイッチやボタン類などの内装のベタつき除去の方法についても書かせて頂きますね。

どうもボタンの周りとか、内装のハンドル周りがカサカサとかベタつき、テカりが見受けられるような車両に乗られている人は読んでみてください。

 

Sponsored Link

BMWの内装が安っぽいと言われる理由とは…

今でこそ色々なシリーズがありますし、価格帯も様々ですがそのモデルの中でも上級モデルになれば、新車価格だと結構な金額です。

その結構な金額に見合っていないと言われる内装ですが、私のイメージだと年々豪華になっているような印象ですけどね(笑)勿論、シリーズ間に差をつけることは当然のことで、1シリーズよりも7シリーズは豪華ですから、7シリーズを見た後に1シリーズをみれば安っぽいという話になりますよね(笑)

ワーゲンのアルテオンなどは内装が非常に豪華!とは思いますが、実はパサートを見ると…ほとんど一緒(笑)これでは、アルテオンを買う意味が全くなくなるので、個人的にはこのパターンを考えれば、BMWの方が賛同できます。

さて、内装が安っぽいと言われる理由は以下に列挙してみます。

・艶が無くなる

経過年数と共に、白くなっていく!というのが正しいでしょうか、少し色が褪せているような感じにダッシュボードなどもなってしまうので、それが安っぽいという風にも見受けられますよね。

・傷が入りやすい

外装は鉄板も非常に固いと有名なBMWではありますが…内装の傷が意外と入りやすい!しかも取れにくいのでこのあたりが安っぽさをさらに助長しているようにも個人的には思いますね。

・高級車=内装が豪華のイメージが先行しすぎ

ドライバーズカーであり、やはりBMWは走りを楽しむ車なので、運動性能に目を向けてもらいたいのですが…イメージが先行し過ぎている分、ベンツのようなラグジュアリーな内装を求めてしまっている人が多いですよね。

最近はラグジュアリーというグレード設定もありますので、高級感を求める人にはラグジュアリー、走りはMスポーツを選ばれると良いかと思いますよ。

・ボタンやスイッチがベタつく

これも多い悩みですね…ねちゃねちゃするという車両もありますし、ボタンの模様が剥げているような車両などは意外とベタつき、こべりつきが見受けられますね…これが新車価格600万越える車両なのか…とちょっと萎える人もいるかと思います。

 

BMW 内装 安っぽい

 

BMWの安っぽい内装を綺麗に保つ方法とは…

間違いなく、内装のクリーニングを細かく行う事ですね。

乗ったら乗ったままではそれなりの内装になってしまいますので、樹脂部分のケアの仕方、革シート、布地のシートなどによって、メンテナンスの仕方がありますから、それをちゃんとやるべきです。

例えば、樹脂部分の白っぽく褪せてしまう様な症状についてはこのようなアイテムもあります。

せめて内装の樹脂部分はテカりというか艶が欲しいと言う人にはこちらの商品もおススメですね!どうしても、日焼けや色あせはついてまわるのですが、防止したいと言う人にはこのようなアイテムは必需かと思います。

次にこちらの室内専用のクリーナーですね!天井の生地が汚れているとか、ドアの内張りの色あせや、靴の先端やかかとの当たった跡やスジが気になると言う人にはお勧めですよ。

 

Sponsored Link

BMW 安っぽい内装に見えるボタンやスイッチのベタつきを落とす方法とは

このボタンのベタつきについては、マセラティとか、ワーゲン、そしてアウディなどは定番ですが、BMWでも意外とベタついている車両が多いです。

では落とす方法について申し上げますが、私が過去に使ったもので非常に効果的だったのがエタノールですね!

家のソファーなどを拭いてもらっても良いですし(笑)買っておいても決して車だけにしか使えないということはありませんからね!傷がつかないようにベタつき部分に吹きかけた後に、その部分をプラスチックなどのヘラなどで削げば、意外とベタつきが取れます。

一度気になる人は試してみてくださいね!

 - 自動車修理, 自動車運転