BMW E90後期型エンジン不調の原因は?交換部品や修理費用他

   

どうも調子が悪く原因もわからない…ちょっとしたアイドリング不調や燃費の悪化、エンジンからの微振動ぐらいであれば原因もわかりやすいのですが、後期型のE90、E91については原因が特定しにくいエンジン不調症状が定番修理となっています(笑)

はっきり言いまして、この原因がわかりにくい修理…かなり多いです!もしも、壊れにくいのは後期型なので後期型が欲しい!なんて言う人は、せめてこの後期型特有の故障については把握しておいてもらいたいです。

ディーラーのお世話になると、この修理はかなりの金額がかかります(笑)ということで、今日はE90後期型のエンジン不調の原因や、必ず交換すべき交換部品、そして修理費用について書かせて頂きますね。

 

Sponsored Link

BMW E90後期型 エンジン不調の原因とは…

前期型と後期型でエンジンの型式などが違う訳ですけども(笑)どうもアイドリングのばらつきとか、エンジンがストールしそう…そのような症状に見舞われた時に、必ず確認してもらいたいのがエンジン始動時なのか?それともエンジンが温まってきて水温がしっかり上がってからなのか?

これについては必ず覚えておいてくださいね!必ず、この部分は後々の修理で重要になるポイントですから、絶対に傾向を覚えておいてください。

冷間時でも暖まってからもエンジン不調の症状が出る様であれば、これは点火プラグ、そしてイグニッションコイルが不調の原因になっていることがほとんどです!でも原因不明の不調をきたすのがこの後期型のエンジン。

冷間時は症状が出て、暖まってくると症状が治まる…修理工場に持ち込むときには全然症状が出ない!こんな時の不調の原因は、間違いなく「あれ」なんですが、それについては次に書かせて頂きますね。

 

BMW E90 エンジン不調

 

BMW E90直噴エンジンの不調はこれが原因!交換すべき部品とは…

E90やE91の後期型エンジンの謎の不調の時にはこの部品の故障を疑って欲しいと思います!特に、取り外した時に先端に多くのすす汚れなどが付着しているとほぼ間違いなくその部品がダメになっています。

それがインジェクターです!テスターではミスファイヤが出てくるので、プラグ交換とダイレクトイグニッションのみの交換で修理して完治すると思いきや、そんなこと御座いません。

交換すべき部品については「ピエゾ式のインジェクター」です!通常のインジェクターに比べて非常に高いです(笑)対策部品として出回っているのですが、本当に高いです。

BMW E91のオイル漏れが起きやすい場所は?安価な修理方法他

恐らく後期型のBMWで4発ないし6発の車輌で全て交換になると…もう売却してしまおうか?という気持ちにすらなるかと思います(笑)ということで、次に修理費用について書かせて頂きますね。

 

Sponsored Link

BMW E90後期ピエゾ式インジェクターの修理費用について

後期型はこのインジェクター問題だけ何とかなれば、非常に良い車ではあるのですが…このピエゾ式インジェクターの修理費用は非常に高いです。

例えばディーラー修理になると、このピエゾ式インジェクターの修理では気筒数全部交換が鉄板です(笑)大凡ですが、1気筒5万円だと思ってください…となると6発だと対策部品だけで30万です。

消費税に更に工賃、点火プラグとかダイレクトイグニッションコイルなど交換をすれば…40万コースは確実です!ですので、部品などは自分で調達、そして持ち込み修理が鉄則ですね。

インジェクター修理ですが、ピエゾ式のインジェクター交換はちゃんとテスターを利用しての設定が必要になるので…残念ながら交換しただけではダメです(笑)そこは気を付けてくださいね。

 

部品交換では中古品とかリビルト品に目が行きがちですが…絶対に純正ないし純正OEMでの修理が良いですよ(笑)適合については最近はネットで問い合わせを入れると回答してもらえるところも多いので、手元に車検証を用意してご注文を!

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車車検, 自動車運転