アウディ エンジンがかからない原因やセルがまわらない理由他

      2021/11/27

みなさんお元気でいらっしゃいますか?大和です!寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?今日もしっかりと記事を書かせてもらおうと思っておりますが、アウディのエンジンがかからない!こんなトラブルについての記事を書かせてもらいます。

エンジンがかからない原因やセルがまわらない理由などについて書かせてもらいますので、しっかりと読んでくださいね(笑)アウディを維持していくには、頻発する故障に寛容でないと乗りつづけていくのは困難ですね。

というか輸入車は全般的にそうですが…アウディやワーゲンは想像以上に色々な細かなところも壊れるので、維持するのは大変なんですよ。

 

Sponsored Link

アウディ エンジンがかからない原因は何?

アウディのエンジンがかからない…良くあることです(笑)輸入車はさっきまで乗れていたのに、いきなりエンジンがかからないなんてことは当たり前にあります。

ですので、そんなに慌てなくとも大丈夫!保険などを利用してレッカーを頼んで、とりあえず工場に入庫ですね。

ただ、何回かセルを回しているとかかったとか、しばらく放置してエンジンをかけるとかかったなんてことがあるので、完全にかからない場合はレッカーですね(笑)かからない原因はいくつかあるのですが、まずセルを回して何とかかかったというような場合だと、バッテリー関係の可能性があります!あとは燃料関係も考えられますね。

そしてしばらく放置していてかかったというパターンの場合については、案外点火系、もしくはエアフロ関係などを疑うべきですね!あとは全く初爆を伴わない場合は…一番厄介ですね。

うんともすんともいわないパターン…セルが回らないというよりエンジン周りの電装品含め、ウィーンとか音が鳴ってるんですが(笑)あの音が一切ないパターンの時ですね。

圧縮などが全然ない…となると完全にエンジンがダメになってしまっていることもあるので、原因様々ですが1つ1つチェックするとわかりますので、落ち着いてお調べください。

 

アウディ エンジンかからない

 

アウディ セルがまわらない理由とは…

初爆しないということ、そもそもセルが回らないと言う時には、少し点検する部分が変わるのですが、バッテリーの可能性はありますが、完全にダメになっている場合を覗いて、セルは多少なりとも回ると思います。

回らない場合に多いのがセルモーター、スターター自体が完全にダメになってしまっている、セルのリレーやイモビライザーのトラブルでセルがまわらなくなっていることが考えられますね。

ちなみに、セルモーターやスターター関係はプラスチックハンマーなどをタオルでくるんで、実際の部品に叩いて振動を与えるとブォーンとエンジンが1発でかかるなんてこともあるので、対処方法はあるんですよね。

もしもセルがまわらないとなったときには、先ほど書かせてもらった部分を確認しつつ…あとは案外ヒューズが…なんてこともあるので、その辺りもしっかりとチェックしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

アウディ 高額修理とうまく付き合う方法とは…

正直ちょっとした修理で莫大な修理費用を払うことになるのがアウディなので、輸入車についてはこのあたりをしっかりと覚悟しておかないと維持していくのも辛くなりますよ。

部品も高く…変な場所についているので色々な部品脱着が必要で工賃も高い…これが輸入車ですね(笑)さて、そんなアウディなんですが、高額修理と上手く付き合う方法については、やはり部品を自分で調達できるかがカギです。

これは個人で輸入するなんてことではなくて(笑)あくまで、ネットなんかで適合を調べて購入ができるか!ということなんですよね(笑)純正パーツは非常に高いですから、部分的にOEMを利用、完全な消耗品については社外品などを使用してうまく維持していきましょう。

アウディ A6は故障多し!定番の修理箇所に壊れる部品とは…

お金がある人は…純正部品でOKだと思いますけど、まず維持していくのが厳しくなると思います(笑)昔では考えられませんでしたが…高額修理の場合には是非検討されてください。

 

バッテリー1つとっても純正品は非常に高いですから、是非検討してみてくださいね!ちなみに純正部品を使用した方が良いのは、コンピューターやハーネス、リレーやセンサー関係は過去の経験から純正部品の利用をおススメします。

 - 自動車事故, 自動車修理, 自動車車検, 自動車運転