エバポレーター洗浄をDIYで行う場合の注意点や方法のまとめ

      2022/05/17

どうも大和です!暑いですね…毎日暑くて溶けそうな日々をおくっていますけど、本日取り上げるのはエバポレーターの洗浄です!何だか難しく考えられている人も多いと思いますが、今日はあくまでDIYで出来る簡易的な洗浄です。

エアコンから生臭い悪臭が出ている車両には実施してもらうと、効果を感じてもらえると思います!さて、そんなエバポレーターの洗浄についてですが、まずはDIYで実施する場合、注意してもらいたい点などがあります。

何より、方法について知りたいと言う人も多いと思いますので、少し内容をまとめておきますので是非参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

エバポレーターの洗浄をDIYで行う場合の注意点とは?

エバポレーターの洗浄を依頼すると、車両にもよりけりですが、そこそこ費用がかかります!最低でも5000円ぐらい必要ですし、夏前に混雑しているような状況であれば、カー用品店レベルでも時間を要しますし、自分でなんとかその問題にケリをつけたいと言う人はお試しください。

ですが、エバポレーターの洗浄をDIYで行う場合に注意してもらいたいのが、必ずカーエアコン用を使ってもらいたいということです!中には、自宅などのエアコン用を利用されている人もチラホラいらっしゃいますが、注意書きでもカーエアコンをサポートするという説明がなされていないものが多いです。

ですので、ホームセンターで適当に選んできたような商品で実施頂くのではなく、車用を購入して実施しましょうね。

私も利用しているこちらの商品を念のためご紹介しておきますので、是非ともお試しください!抜群の効果を実感できますので、方法は後程書かせてもらいますけど、まずは覚えておいてくださいね。

 

エバポレーター洗浄 DIY

 

エバポレーターの洗浄をDIYでする場合に必要なものとは…

何となく、難しく思われている人もいると思いますが、車両によりけりですが、必要なものはエバポレーター洗浄用のクリーナー、そしてあとはグローブボックスなどを分解するようなドライバーなどの家にあるような工具で対応可能です。

グローブボックス内にあるエアコンフィルターを外して、そこから薬剤を吹きかけての洗浄になるケースが多いのですが、実はエバポレーターのクリーナーでは直接吹きかけることのできるノズルなどが付属していなかったり、作業性が悪くなることもあるので、できればホームセンターなどでホースを購入しておいてもらうと便利です。

エバポレーターのクリーナーの先端に、市販のホースなどをジョイントすれば、奥の方まで吹きかけることもできるので(笑)まずクリーナーを入手したら、付属のホースがあるか?エアコンフィルターを外した状態でクリーナーの薬剤は届きそうか?などは目視点検してもらえればと思います。

あとは歯ブラシの使わないようなものもあったら良いですね…実際にあると非常に便利ですよ!

 

Sponsored Link

エバポレーターのDIY洗浄方法のやり方のまとめ…

グローブボックスを取り外し、エアコンフィルターを取り除きましょう!そしてエアコンフィルターは新しいものと交換しますので、古いものは使わないでください(笑)破棄してしまいましょう。

そして、エアコンフィルターを取り外したら、中を覗いてもらって埃、汚れやゴミなど取れるものはとってください!その後クリーナーの先端に、ホースなどをご自身の作業しやすいように取り付けてもらい、フィン側に向かって吹き付けましょう。

車のエアコンがくさい原因や対処方法は?おすすめの商品も紹介

そして、歯ブラシなどを利用してフィンの汚れを除去ですね!私は奥の方の清掃時には、歯ブラシと割り箸をゴムなどでジョイントして使ってましたけど、そのあたりはお任せします(笑)曲がりにくい針金などでもOKだと思います。

そして、何より作業する際にはエアコンは内気循環に設定してもらい、吹き出しは足元に設定、エアコンをつけてもらい風量はMAX!そして温度設定は最低温度に設定して作業が必要ですよ。

その後の乾燥も踏まえ、しばらくエアコンをつけてもらう必要はあるのですが、このあたりを抑えて作業して頂くと問題ありませんので、是非ともお試しくださいね!

 - 自動車修理, 自動車車検, 自動車運転