ラジエター液が減る原因とは何…補充方法や赤と緑の違いは?

   

車に乗っていると日頃のメンテナンスが重要なのですが、オイル交換はまだしも、ラジエター液の補充など意外と疎かにしていませんか?夏場だからとか冬場だからと管理を適当にしてしまうと、よろしくないことになりますよ。

ラジエター液が前よりも減っているけど…補充しておけば良いか!なんて方法も決してよろしくありません(笑)今日は、ラジエター液が減る原因や補充の方法、そしてラジエター液が緑色、赤色とありますが…その差についても書かせて頂きます。

あまり気にしなかった人は、これを機にラジエターキャップを一度外してみてくださいね!

 

Sponsored Link

ラジエター液が減る原因とは何?

ラジエター液、いわゆる冷却水だなんて言われていますが、何故減るかご存知でしょうか?

壊れているということもありますが、まず仕組みとしては冷却水自体は自然と蒸発していきますので、普通に乗っていても1年で軽く300ミリリットルぐらいは平気で減ります。

でも故障ではないんです(笑)ただ、これ以上減って車種によっては警告灯などが点灯するなどの車輌であれば、これは故障している可能性が高いです!

もしも減った状態で運転をしてしまえば、最悪の場合エンジンに深刻なダメージが加わることになりますので、決してあなどってはいけません!ということで、普通に使用していても減ると言う事は、まず覚えておきましょうね。

 

ラジエター液 減る 原因

 

ラジエター液はどのタイミングでどうやって補充すれば良いの?

簡単に説明しますと、補充については減っているであろう量を補充すれば良いのですが、ラジエター自体に液量のレベルが記されていますので、そこを目安に補充してください。

そして、まずは車が温まっていない冷間時に補充する事、そしてじょうごなどをラジエターの冷却水注ぎ込み口に差し込み、まわりにラジエター液が垂れないようにしてください。

クーラント液が減るのは何故?補充方法や水がダメな理由に破棄の仕方

そしてあまりにも補充量が多い車については、ラジエターのキャップを外した状態でエンジンを始動し、ラジエター内に入ってしまった空気をしっかりと抜くようにしましょうね。

中を覗くと…ポコポコとエアが出てくると思いますので、これが完全に出きってしまえば問題ありません!補充自体は簡単ですが…その後にラジエターキャップを締めるのを忘れないように注意しましょうね(笑)

ちなみに、タイミングは基本1年間に2回は点検して欲しいですね!夏が来る前とそして秋から冬になるぐらいでしょうかね(笑)

 

Sponsored Link

ラジエター液 緑色や赤色に差や違いはあるの?

ラジエター液を購入しようと思ったけど、赤色とか緑色がありますが差があったり、何か違いがあるのでしょうか?こんな質問を想定して…回答をさせて頂きます。

この色の違いですが、正直言いまして差は全くありません!勿論、成分の違いも御座いませんので、ご安心ください。

管理する方法としては、色違いでも気にせずドンドン補充してしまうと、ラジエター液の色も変色してしまうので、その後の劣化具合を含め管理がしにくくなってしまうので、できれば今ラジエターに入っている色の液を補充すると良いでしょう。

全量交換する場合などについては、この限りではありませんので、緑色でも赤色でも自由に選択すれば良いと思います!

 

ということで、車屋の私も利用、おすすめしているLLC、ラジエター液を紹介しておきます!私は緑色派ですので(笑)こちらを紹介することになりますが、家に置いておくと良いでしょう!

わざわざ、車屋さんでお金を払ってまでメンテナンスすべきものではないと私は思っておりますので(笑)一家に一個あれば安心だと思いますよ。

 - 自動車修理, 自動車車検, 自動車運転