カーリース車輌で全損事故を起こすとどうなる?修理代や違約金他

   

カーリースというのは、最後にはリース会社から借りた状態、ありのままの純正状態で返却するというのが一般的なリース契約です!意外と知らない人もいますので、是非ここは覚えておいてください。

ただ、ここ最近ではカーリースで乗っていても、最後には自分の車になんていうことを推している会社もありますから、このあたりはどの会社でカーリースを契約するか、ここは重要ですからね!

さて今日はそんなカーリース車輌が事故にあってしまい…全損になった場合にはどうなるのか?修理代とか違約金などについて書かせて頂きますので、最後までご覧くださいね。

 

Sponsored Link

カーリース車輌で全損事故を起こすとどうなるのか?

カーリースとはローンと違い、あくまでリース会社からその車を転貸している状態、いわゆるお借りしている状態だということを忘れないでください!ローンの場合はそのローン会社が所有者になり、使用者はあなた。

カーリース車輌も同じ仕組みではありますが、ローンは完済時には自分の車になりますが、カーリースでは基本返却です!そんな返却しなければならないカーリース車輌で全損事故を起こすとどうなるか?

基本的には各社毎の契約書の内容によって違いこそあるものの、普通に考えると、その車両の契約をそのまま維持することは不可能になってしまう訳ですから、そうなると全損事故では中途解約となる恐れがあります。

全損事故とは、もう復活できない状態を指していますから、全損事故はできればしたくないところですね…ちなみに、勝手に修理したり、連絡すべきところに連絡しなかったりはマズイですから、必ず全損、もしくは普通に事故した場合にはカーリース車輌ですから、借りている会社には必ず連絡しましょうね。

 

カーリース 全損事故

 

カーリース車輌で事故を起こした際の修理代はどうなる?

全損事故ではないものの、カーリース車輌で事故をおこしてしまったらどうなるか?

全損出ない場合にはそのまま修理すれば、契約を続行できるわけですから、問題ないのですが修理代金というのは基本的に、月々のリース料金の中には含まれていないことがほとんどです。

ですので、カーリース期間中に事故にあった場合、過失の状況に応じて通常の車のように修理をすることになりますので、カーリース契約だから、修理費用は全部カーリースしてくれている会社が払ってくれるなんて思ったら大間違いです。

このあたりは本当に注意してくださいね(笑)以外と多くの人が、借りているだけということは…元々所有者はカーリース会社なので、そちらが払ってくれるんですよね?なんて人が稀にいます!

こんなことは絶対にありませんから、もらい事故まではコントロールできませんが、自分が起因となってしまった事故には注意しましょう。

 

Sponsored Link

カーリース車輌で全損事故を起こした場合の違約金はいくらになるのか…

カーリース契約というのは、5年とか7年とか10年などなど、様々なプランがあります。

あなたが新車が欲しいのを、リース会社が一括で購入してあげるので、その費用+αを毎月リース会社に払ってくれたらその車を貸してあげますよ!というのがリース契約です。

そんな借り物のカーリース車輌で事故をした場合には、先述の通り残念ながら契約はそこで終了となるのが一般的ですから、先ほど書いた内容に照らし合わせると、あなたが欲しいと言って代わりに買ってあげた車両を乗れなくしたのだから、その車をあなたが契約期間乗りつづけてくれることによって、こちらがもらう予定だったリース料が入ってこないので、その部分については中途解約となるこのタイミングで、違約金として払ってくださいね。

 



 

ということになります!かなり単純に書かせて頂いていますが、大よそ意味はわかってもらえますかね?となると…カーリースしている車輌の新車時価格、また残存するリース期間によって、この中途解約違約金の金額は変わってくるわけです。

カーリース 失敗の事例やおすすめしない人やメリットとは何?

ですので、あまりに良い車をあまりに早い期間で全損事故で失ってしまうと…違約金は莫大なものになりますから、カーリースの契約はしっかりと契約書の内容を確認しつつ購入するのがおすすめですよ。

内容を理解できない時には無理にカーリース契約をせずに、購入できる範囲内で中古車を購入して乗るのが一番良いと私は思います!

 - 自動車事故, 自動車修理, 自動車売却, 自動車購入, 自動車運転