車検 ホイールの傷はどこまでセーフ?良い場合とダメなケース他

   

車検の時に気になるのは、やはり…この車で問題なく通るのか!車検を取得できるのか?ということになりますが、どこまでが問題なくて、どこからが問題があるか知りたい人も多いですよね?

車検の際にホイールの傷はどこまでなら問題ないか?今日は良い場合、そして悪い場合についてご説明しておきたいと思います!思いっきり車検前にホイールにダメージを負わせてしまったと悩まれている方…ご覧いただくと良いかと思います!

 

Sponsored Link

車検 ホイールの傷はどこまで大丈夫?良い場合とは…

運転がいかに上手い人でも、車の運転席から見える範囲で運転していますから、思いもよらぬところでホイールに傷をつけてしまう人もいます!普段は軽自動車に乗っている人が…普通自動車に乗ってホイールに傷を入れてしまったり(笑)案外ホイールを無傷の状態で維持すると言うのは難しいんですよね。

ちょっとコンビニに入るのに、段差への乗り上げ方をミスしてしまい、ホイールをガリガリとしてしまった人も多いでしょう!では、このホイールの傷ですが、車検時はどこまで大丈夫かご存知ですか?

良い場合についてお話をしますけど、これはまず外観からしても、削れた部分からクラックが大きく広がっていたり、エアが漏れていたりしなければ原則ホイールに傷がたくさん入っていても問題ありません。

勿論、疑わしい状況ですから(笑)怪しいと思った検査員は虱潰しに何かを探すかのように点検するかもしれませんが、ほぼそのようなことは無いですね!まずはエア漏れがないか?などを確認して、大きな傷から空気が漏れていなければ車検は大丈夫と考えておきましょう。

 

車検 ホイール 傷

 

車検 ホイールの傷がダメなケースとは…

車検の時に、ホイールの傷のせいでNGとなってしまうこともゼロではないです!ではどのような時に、車検NGとなってしまうのかですが、先ほども書かせて頂きましたが、まずはホイールにある傷のせいで盛大にエア漏れしているようなケース。

あとは、検査員がすぐに気がつくような大きなクラックなど、走行に問題があると判別されるような現象が起きていれば、ちょっと待った!ということになりますからね。

ホイール クラックや割れがあっても車検OK?良い場合と悪い場合

あとは傷などについて虱潰しで疑いをもって調べている検査員がふと目にするのは…そのホイールにちゃんと刻印があるかどうか!刻印?知らない人のために説明しておきますけど、JWLというような刻印だったり、VIAというような刻印だったり、そのホイールは安全基準をちゃんと満たしているホイールなので大丈夫ですよ!という証になります。

ですので、ホイールの傷ばかり気にしている人もいますけど、車検の際によくわからないメーカーの社外ホイールで、車検を受けて刻印でNGをくらってしまうこともあるので、ご注意くださいね。

 

Sponsored Link

車検 ホイールの傷は簡単に修理可能?目立たなくするには…

車検時のホイールの傷…なるべく検査員の人に突っ込まれたくないと言う人は、傷をご自身で修復するのは非常に難しいので、是非お試しいただきたいものがあります。

 

笑ってしまいそうですが、ガリ傷などであればこのようなシートが実は販売しています!非常に厚みも薄く、同色のシルバー系ホイールであれば、貼っていても遠目に違和感は感じません(笑)勿論、エア漏れなどを完全に修復してくれるものではないのですが、是非お試しください。

あとは、やはりホイールの傷は…プロに頼むしかない!ですよね(笑)ということで、アルミホイールの修理を検討されている人にこちらを紹介しておきますね。

 

以外と修理してもそう高くない…と思われる人もいるかもしれませんね!確かに4本の傷を全て修理となると高額ですが、1本修理したいと言う事で考えれば、かなりお得だと思います。

もしも車検前にホイールの傷でお悩みの人はお試しいただいても良いかもしれませんね。

 - 自動車修理, 自動車車検, 自動車運転