BMW オートマ滑りの症状や原因は何?修理費や応急処置について

   

最近どうも加速感がなく、そして燃費も良く無く…シフトアップの時に回転数を上げないとシフトアップしてくれない時があるというBMWにお乗りの方…それもしかするとオートマが滑っているかもしれませんよ?

滑る?というと分かりにくいとは思いますが、ちゃんとスピードメーターのスピードに合わせた適正なシフトアップとか、シフトダウンができていないということなんです。

あまり違和感を感じない人にはわかりにくい現象ではあるのですが、そのままの状態で乗りつづけてしまえば、間違いなく大きな修理に繋がります!今日は、BMWに起きるオートマ滑りの症状や原因、そして修理費用や応急処置の方法などについても書かせてもらいますね。

 

Sponsored Link

BMW オートマ滑りの症状や原因とは何?

オートマ滑りと聞くと分かりにくいので、どのような症状がそのオートマ滑りに該当するか書かせてもらうのですが、まずは発進時に急激に回転数があがるような症状が出るBMWや、下り坂の時にアクセルをONにしていないのに、何故だか回転数が上がったり下がったりとか…他にも動きがギクシャクするような症状が出れば、間違いなくオートマ滑りの可能性があります。

ただ、このような症状は輸入車だと意外と当たり前に起きます(笑)ですので私はそんなにアレルギーは無いのですが…初めてBMWに乗られている人はパニック状態でしょうね。

でもBMWのオートマも古い車両を覗き、最近の車輌であればオーバーホールだの、載せ替えをしなければというような重篤なケースは少なくなってきているとは思いますね。

原因は乗り方もそうですが、やはりオートマオイルの管理が行き届いていない車輌に起きやすいのは間違いありませんので、メンテ不要!なんて説明をされることもあるのですが、私は断然BMWなどの輸入車でもちゃんとオートマオイルは交換した方が良いと思っています!

 

BMW オートマ 滑り

 

BMW オートマ滑りの症状が出ている車輌の修理費用とは…

本当に滑っているのか?それとも、オートマのメカトロニクスがダメなのか?本体なのか、その本体にいきつくまでの部品なのか…これで修理費用は全然違います。

例えば、オートマ本体ではなく、バルブボディなどのメカトロ部分の交換であれば、BMWの修理としてはそんなに高いレベルではありません!ATコントロールユニットの修理で済めば、ラッキーだと思ってください(笑)

 

バルブボディの修理費用だと、ATオイルやオイルパン、ストレーナーなどを加味しても15万もあれば問題は無いでしょう!ただ、もしもトルコン内部のギアは破損してしまい、オートマにダメージがあるようであれば、載せ替えでも40万~50万、そして載せ替えだと100万コース確定なので、車輌の年式や走行距離、そしてローンの残債などに目を向けてもらい、状況によっては廃車もありだと私は思います。

そのあたりは冷静に判断して修理するか?それとも廃車にするのか車屋さんに相談すべきですよ。

 

Sponsored Link

BMW オートマ滑りの症状が出た時の応急処置の方法について

急な故障にお金を持ち合わせていない…そんな人もいるかと思います!もしも、「あれ?オートマが…」というような滑りを疑う様な症状が出た場合に、応急処置的な方法として、オートマオイルを交換してもらうというような方法もあります。

例えば、バルブボディの交換などにお金をかけても、しばらくしてやはりオートマ本体がダメだった…ということになれば、バルブボディの交換にかなりの出費を伴い、財布が痛いだけですよね。

BMW ATF交換はダメ?おススメのオイルに交換時期とは…

ですので、もっと安く応急処置をして頂くには、オートマオイルの交換を思い切ってやるわけです(笑)これで、ストレス無く乗れるようになったと言う人も案外います。

もしもお金が…でも滑りも何とか…と言う人は一か八かこのような対処をしてもらうというのもアリですよ(笑)それでも違和感や不具合が消えないようであれば、もう1つ上のステージの修理をするか?それとも廃車にするかの選択で良いかと思います。

 - 自動車修理, 自動車売却, 自動車運転