BMW ATF交換はダメ?おススメのオイルに交換時期とは…

   

御無沙汰しています大和です、先日散髪にいってきたんですが、かなり久しぶりの美容院で、少々緊張してしまいました。

最近の若い人が見るような雑誌を一緒に見ながら、「こんな髪型がいいですか?」「これはどうですか…」と色々と言われたのですが、やはり床屋に限りますよね(笑)

さて今日は、またまたBMWの話題を提供させて頂きますが、皆さん輸入車のATFは基本的に交換してはダメ?だと思ったりしていませんか。

BMWのアイドリングが不安定でガタガタ振動するときの原因とは?

BMW エアコンが冷えない原因や異音が発生する理由や修理方法他

今日は、BMWのATF交換について書かせて頂くのですが、おススメしたいATFオイルや、最適な交換時期についても助言していきたいと思います。

 

Sponsored Link

BMWのATFは基本的に交換してはダメ?そう言われる訳とは…

BMWのATFですが、基本的には交換してはダメ、というより無交換で大丈夫だなんて言われていますよね。

本当にそうでしょうか?オイルが潤滑してメカニカル部品を動かしているわけですから、交換しなくて良い訳はないのですが(笑)不思議だと思った人はいませんか(笑)

BMWの耐久性や故障について…新車から何年経過車が危ないの?

ともあれ、このATFオイルというのはあまりにも浸透していないんですよね、国産車でも実はATFオイルって何ですか?とか言われている人もいますね。

さらにデフオイルなんて言うとさっぱりな人も多いかと思いますが、駆動している機構は何らかの潤滑オイルで動いていると思っているぐらいがちょうどいいですよ!

タイミングチェーン 交換時期や異音の原因とは…伸びへの対処法他

例えばエンジンオイルの交換を怠れば、BMWなどのようにタイミングチェーンを採用している車などは壊れてしまい、好感を余儀なくされることもありますからね。

さて、ATFオイル交換はしなくても良いといわれる訳とは、交換するとAT本体が壊れる確率が高いからなんですよね、その理由は次に書いていきますね。

 

BMW ATF交換

 

BMWはATFオイルを交換すると壊れると言われているのは何故?

BMWのATFオイルは交換するとAT本体が壊れると言う様な説明を受けた人も多いかと思います。

正解のようで正解じゃないような感じですが(笑)そういわれる理由とは、実はATオイルを交換すると、オイル内に溜まった、金属パーティクル、スラッジと呼ばれるものが急にAT内部を駆け巡るようになり、それが悪さをすることで壊してしまうということです。

BMW エンジン警告灯が点いた場合の対処法や修理代とは…

AT内部は精密回路なので、その回路の中にゴミが詰まってしまう!というようなことですね(笑)でもATオイルについては、しっかりと時期を見計らって交換してしまえば、むしろ車にとっては本当に良いんですよね。

次に、おススメのATFオイルや、最適な交換時期について書かせて頂きますね。

 

Sponsored Link

BMWのATF交換におススメのオイルやメンテナンスしておく時期とは?

BMWのATF交換ですが、純正が一番安心と言う人は純正オイルで交換をしてください。

でも、純正のATFオイルでなくとも、良いオイルというのはこの世にはたくさんありますから(笑)少し紹介をしておきますね。

輸入車でも国産車でも対応をしていて、更に20L缶でも安いのが魅力ですよね(笑)フックスのオイルなどに比べると本当に安いオイルですから、今後定期的に交換するのであれば、20L缶を買っておいても良いと思います。

さて、ではATFオイル交換の最適な時期ですが、基本的には新車を購入して初回の車検、そして2回目の車検というように車検毎に必ず交換しておきたいところですね。

走行距離など使用状況にもよりますが、車検時に毎回交換をしておけば、スラッジがAT内部に溜まりきる前に交換するわけですから、詰まる可能性もグッと低くなります。

そんなのウソだ!ATF交換してしまうと絶対に壊れてしまうと言う人は止めておいても良いと思いますが、それならば何故こんなにもATオイルパンがアフターパーツで出回っているのでしょうか?(笑)

そうです、交換をしている人は本当にこまめに交換しているんですよね、ディーラーでは交換はなかなかしてくれないので、できればこちらから対応できる修理屋さんを検索してみてください。

そしてさっそく見積りも依頼してみましょうね、必ず良い修理屋さんが見つかりますよ。

 - 自動車修理