W176 走行中異音の原因は何?注意したいリア周りからの音とは

   

走行中に音がしているような気がする…ゴロゴロというかゴトゴトというか、かなり音が気になると言う人はご注意ください!間違いなく故障しています(笑)基本的に、ゴロゴロとかゴトゴト、そして金属が擦れるような音については必ず故障している可能性が高いです。

そのまま放置して決して良くなることはありませんので、走行中の異音については先回りして修理すべきですよ!どんなところが故障している可能性があるのか、下調べしたい人は是非読んでみて下さい。

同じような症状が起きている人には参考になるかと思います!今日は、W176の走行中異音の原因や注意したいリア周りからの異音について書かせて頂きますので、そのままご覧ください。

 

Sponsored Link

W176 走行中異音の原因とは何?

W169に比べて、かなりスタイリッシュになったW176ですが、安いので一見手に入れやすい車にはなっているものの、それでもそこはベンツ!壊れるとかなりの痛手を負いますので(笑)修理費用や故障のリスクを検討した上で購入について検討すべきです。

さて、走行中に異音が出ると言うのは、決してベンツだけでなく、輸入車、そして国産車、軽自動車でもこのような異音は常々起きる訳です、輸入車全般では、この異音を放置することで、交換すべき部品がドンドン増えてしまうので、事前に対処が必要です。

フロント周りからの異音ですと、体感しやすいのはスタビリンクでしょうね!コトコトというような異音と共に、走行中に違和感が出ます!段差の乗り上げとか、道路の凹凸を拾って異音が発生しやすいです。

ですので、まずフロント周りの異音ではスタビリンクなどの部品について疑うのが早いでしょうね!ただ、W176で気を付けてもらいたいのはリア周りからの異音なのですが、これについて次に書かせてもらいますね。

 

W176 走行中 異音

 

W176 リア周りからの異音はこの部品に要注意!

W176ですが、定番修理になるであろうと考えているのは、やはり足回りの部品!特に、ショックアブソーバー自体が性能が低いのか…音が良く出るようですね!確かに、過去W176のA250で1台、ショックから音が出ているものを見つけたことがあります。

これは社外ショックに交換するタイミングであったので良かったのですが、まさか純正品の耐久性がここまで低いとは(笑)と笑ってしまったことがありますが、そして走行しているスピードに応じて異音が大きくなるような車輌。

これにおいては、間違いなくデフ関係の故障が考えられます!一度、デフ関係を覗いてみて下さい(笑)もしもデフ周りにオイルがびっちりと付着してしまっているとしたら、これはちょっと怪しいです。

オイル量がきわめて少なくなっていたり、もしくはベアリングから異音が出ていたりする可能性がありますよ!ちなみにDCTから音がでることもあるので、その場合にはもっと注意が必要ですね。

W176 DCTオイル交換費用やオートマ故障の前兆や症状とは…

勿論ベンツは純正部品だとデフはASSY交換になってしまうので…ちょっと目が覚めるようなお値段になってしまいます(笑)リア周りからの気になる異音ではショックアブソーバー、あとはデフなどの点検をおススメしますよ。

 

Sponsored Link

W176 異音修理を安く済ませる方法とは…

異音が出始めると、どうも気になって仕方がなくなるはず!でも、Aクラスでもベンツはベンツ(笑)案外修理費用も高いんですよね。

ベンツAクラス(W176)安い理由や故障しやすい場所に修理費他

新車価格もそんなに高くないので、安く購入したと思っても維持できるかと言えばそんなこともありません(笑)維持できない人が多いので、市場に中古車が溢れ返っているんです。

何故あんなにAクラスは安いのか?と思われた人(笑)そういうことです!さて、異音修理を安く済ませる方法についてですが、これは間違いなく部品は自己調達して持ち込み修理です。

 

持ち込み修理しなければ、全て純正部品での修理となるのがオーソドックスなパターンですから、かなりの見積もり書が出来上がりますよ(笑)もしも1円でも節約したい人はご参考にしてみてくださいね。

 - 自動車修理, 自動車購入, 自動車運転