ベンツAクラス(W176)安い理由や故障しやすい場所に修理費他

      2021/05/04

お手軽な値段になってきたので、ここ最近購入したいとか、購入検討や視野に入れられている人が急増しているベンツAクラス!市場にも球数が豊富で、買おうかどうしようか悩まれている人も多いですよね。

私の元にも、ここ1年ぐらいで2件ぐらいですかね…Aクラスはどうなんですか?と問い合わせがありました(笑)確かにお手頃、しかも泣く子も黙るベンツ!欲しい人が多いのもわかるような気がします。

でも、このベンツAクラスですがやけに安いと思いませんか?何故安いのか…何か訳があるのではないかと考えられている人、御名答です(笑)今日は、ベンツAクラス、人気のW176が安い理由や、故障しやすい場所、そして皆さんが気になる修理費用について書かせてもらいます。

安い、購入できる!でも維持できるかどうかについては全く別の話です(笑)修理するときにそんなにかかるのか…とゲンナリしないためにも是非覚えておいてくださいね。

 

Sponsored Link

ベンツAクラス W176が安い理由とは…

ベンツのAクラス、W176はW169の頃と比べて、かなりスタイリッシュになり可愛さと言うより、凛々しさが出ましたよね!男性でも女性でも乗りやすい車ではあるのですが、何故安いのか?

ベンツBクラス(W246)が安い理由…故障や燃費についても

これは故障です(笑)Bクラスが安い理由と言う事で、私が以前記事にもしていますけど、とにかく故障が安さに直結しています!走行距離が少ないとか多いとかはもはや関係ありません。

しっかりときっちりとあなたの期待を裏切り壊れてくれます(笑)故障しやすい場所というのも、私の経験値だといくつかあるのですが、やはり修理するときには「部品代高いな」というのが第一印象です。

部品だけ供給が無い為、ASSY交換しなければならないなど、安くてもさすがベンツ(笑)というような感じです!ということで、次に良く壊れる場所について書かせてもらいますね。

 

ベンツ Aクラス 安い理由

 

ベンツAクラス W176の故障しやすいと場所とは…

W176のベンツですが、よく故障しやすい場所について書かせてもらいますが、絶対に覚えておいてください(笑)安い、ベンツにとりあえず乗りたいと言う人は、一度踏みとどまってください。

そして現在乗っているけど、そんなことは無いと言う人…単純にラッキーです(笑)故障しないうちに乗り換えを検討するのが良いと思います!というのも、もう売却してもそんなに値段が期待できないので、査定がある時に処分してしまいましょう。

まずは絶望的ですが…DCTの故障!これはオートマなんですが故障します…ベンツのDCTは湿式のクラッチなので大丈夫!なんて人もいますけど、トルコン式が多いのは何故でしょうかね?(笑)確かに燃費など考えると、DCTは良いものですが…同じようなクラッチ方式を採用しているワーゲンなんて、オートマは絶望的に弱いです。

W176 DCTオイル交換費用やオートマ故障の前兆や症状とは…

そして、W176の故障するポイントとしては次にウォーターポンプの故障も多いですね!これはBクラスのW246でもほぼ定番の修理箇所です(笑)サーモスタットやウォーターポンプの交換はかなり手間な場所に取り付けてあるので、工賃も高めですよ。

 

Sponsored Link

ベンツAクラスW176の故障箇所修理費用について

ベンツAクラスW176の故障箇所についてですが、修理費用は覚悟して欲しいと言いましたが、まずウォーターポンプやサーモスタットについて書かせてもらいます。

インマニから何から分解して整備しなければなりませんから、修理費用の目安としては15万~20万ぐらいでしょうかね(笑)通常、社外品やOEM品をおススメする私でも…ここに至っては純正品の使用をおススメします。

これだけの面倒な重整備なので、再度故障した際の工賃捻出を考えると、ちょっとおススメはできませんね(笑)一番高い部品はウォーターポンプになりますが、それでも安くしたいと言う人は社外品も考えても良いでしょうね。

 

安くはないですが(笑)それでも多少なりとも修理費用を抑えられます!ちなみにDCTの故障となると…24年式ぐらいの前期型のAクラスであれば、もう廃車などを検討した方が良いかと思います。

W176 冷却水を点検してくださいと出た際の対処法や故障箇所他

一か八かDCTオイルの交換にかけてみても良いでしょうけど、そんなに良い結果はでないかもしれませんけどね。

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車購入, 自動車車検, 自動車運転