BMW 車内が暑い理由とは…断熱対策におススメの方法や費用他

   

ご自身が乗られているBMWですが、暑さを感じることはありませんでしょうか?これから夏場に向けて、ドンドンと暑い状況になるのですが、車内が暑いのは少々大変ですよね(笑)自分の車だけがおかしいのか。

今日は、BMWの車内が暑い理由、そしてこの夏にお試しいただきたい断熱対策、おススメの方法は費用についても書かせて頂きますので、是非とも参考にしてみてくださいね。

勿論、エアコンが効かないので車内が暑い!というのはありえますが(笑)今日のお話はちょっとズレますので、エアコンがもしも効いているのか?そうでないのか分からない人はこちらをご覧ください。

BMW エアコンが冷えない原因や故障した時の修理費用とは…

輸入車のエアコントラブル大抵おきます(笑)何もなく乗れたと言う人は稀有なので、知っておくのと知らないのとでは雲泥の差がありますよ。

 

Sponsored Link

BMW 車内が暑い理由とは一体何?

外気温が30℃半ばぐらいまで暑くなる日においては、車内の温度となると更に上がります!特に、ドライバー、助手席に座る方は、ダッシュボードの熱も体感することになるので、もうサウナ状態だと思います。

BMWは車内が暑い!と感じた人は、その直感当たっています(笑)というのも、BMWの車内が暑い理由ですが、BMWは断熱ガラスではございません!そうなんです(笑)間違いなくこれが理由です。

日差しが強い日、そして屋外に長時間駐車していると、泣けるぐらいに車内が暑くなりますよ!BMWのみがそうなのか?実はそんなことありません(笑)熱線をカットするガラスが備わっていない車輌ではこのようなことが平然と発生します。

UVカットガラスのBMWがほとんどなので、熱線についてはとにかく貧弱だと思っておいてください(笑)ということで、色々な対策方法などについて次に書かせて頂きますね。

 

BMW 暑い ガラス

 

BMW 断熱対策におススメの方法とは…

車内が暑くならないように対策をしたい…色々と方法はあろうかと思います!例えば、屋外に駐車するときには、窓ガラス4枚共に少しだけ隙間をあけて、風がちょっとでも通るような状態にして止めておくとか。

直射日光が激しい日には、フロントガラスなどにはサンシェードを必ず装着して車を駐車するとか、方法はあるんですが、面倒でやらない人が多いですよね!

輸入車の車内は革シート、そしてサンルーフなども相まって本当に暑いので(笑)気になる人は是非ともお試しを頂きたいと思っています!ちなみに、私もやってます。

それは、断熱フィルムの施工ですね!出来れば、フロントガラス、そしてサイドガラスにも施工して頂くのが私は良いと思っているのですが、費用もそれなりですので、ご判断はお任せします。

 

ただ、めちゃくちゃお手軽なのはサンシェード(笑)やっている車とそうでない車を乗り比べる機会は皆さんにはないでしょうけど…圧倒的に差があるので、是非とも最低限はサンシェードで暑い夏場を乗り切ってくださいね。

 

Sponsored Link

BMW 断熱フィルム施工にかかる費用とは…

暑くなる車内を何とかしたいと言う人は、是非とも最低限はサンシェード、そして断熱フィルムを施工してみて下さい!さて、肝心の断熱フィルムにかかる施工費用を紹介しておきます。

施工する会社の工賃、そしてフィルムの費用でもかなり変わってくるのですが、フロントガラス、そしてサイドガラス4枚、そしてリアガラスなどに施工をして大凡10万円ほどでしょうか。

フロントガラスに飛び石…車検に通る基準は?交換やリペアの費用

ワゴンタイプ、SUV、クーペ、などで費用は変わるのですが、勿論SUVとかワゴンタイプの方が高い傾向です(笑)またフィルムでも濃度(透過率)や色なども選べたりしますよ。

ですので、ちょっとカスタム志向がある方は、ただのフィルム施工をするだけなら、あえてこのような断熱タイプの施工をしてもらった方が、個人的には良いと思いますね(笑)車検に通らないものでは意味がないので、これは事前に確認しましょうね。

 - 自動車修理, 自動車車検, 自動車運転