車にエアコンガスを補充する道具や方法に入れ方の注意点とは…

   

エアコンのガスですが、自分の車に補充されている人も多いですよね!意外と簡単なのですが、何となく怖いので補充しないと言う人もいらっしゃるようです!私としては、もうエアコンの修理は絶対にしなければならないけど、一か八か入れて見てこの夏だけは乗り切りたい(笑)そんな人にチャレンジしてもらいたいと思っています。

正常な状態では、完全に壊してしまう可能性も無きにしも非ずですから(笑)今日は、車にエアコンガスを補充する方法や必要な道具、そして入れ方の注意点について書いてまいりますので、気になっている…迷っていると言う人は是非参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

車にエアコンガスを補充する方法や道具とは?

エアコンガスを補充する方法や必要な道具について書かせて頂きます!そんなに車屋さんが揃えているほどにそろえる必要は御座いません!でも、何をどうしたらよいか悩んでいる人は参考にしてみて下さいね。

まず方法としては、必ず低圧側のパイプのサービスホールより冷媒ガスを補充しましょう!高圧側は「H」低圧側は「L」と表記されていますので、しっかりとまずは配管を確認してください。

そして、メクラのキャップを取り外したら、後程説明しますチャージパイプをしっかりと装着し、その後R134aのガスをセッティング!エンジンをかける、そして冷房を一番寒くして、内気循環で運転を開始してください。

チャージパイプにはエアが入っているため、エアコンガスに穴をあけてしまう前に、軽く緩めてチャージパイプ内のエアを抜いてから、エアコンガスを入れていくようにしましょう。

 

先ほども書かせてもらった通り、ガスが漏れている…100%修理が必要だけどとりあえず暑い時期を乗り切る!というときにはおススメなのですが、効いているのに何となく追加で入れてしまうと、過補充状態になるので、これはこれでまた効き目が悪くなるので注意ですよ。

 

エアコンガス 補充方法 原因

 

車にエアコンガスを補充する際におススメのアイテム

エアコンガスが不足している状況であれば、これでエアコンも効くようにはなるのですが、エアコンが効く様になると、今度は坂道でのパワー不足とか燃費が大きく悪化することが気になると思います。

これは仕方がないことなのですが、ひどく悪化する方もいると思いますので、車にエアコンガスを補充する際には、こちらのおススメアイテムについても補充を検討されてください。

 

それがこちらのワコーズのパワーエアコンプラスです!高価なイメージはあるでしょうけど、はっきり言いまして私は愛用しています!更に温度が落ちる、そしてコンプレッサー作動時のあの音も静かになったり、パワー低下が防げているようには感じます。

軽自動車や大型車など特に制約はありませんが、軽自動車などに施工頂くと威力を感じてもらえると思いますよ。

 

Sponsored Link

車にエアコンガスを補充する際の注意点とは…

車にエアコンガスを補充する際の注意点について書かせてもらいますが、これは先ほども申し上げた過補充はやめましょう!サイドグラスなどを覗いてもらい、全く水分も泡も何も見えないような状態になっていれば、過補充の可能性が高いです。

サイドグラスを見ながら作業をしてもらい、泡立つ→何も見えなくなる→やや泡立つぐらいで作業を完了してもらうのがちょうど良いと思います!確かに、ギリギリ限界まで補充したい気持ちはあるでしょうけど、これで十分です。

それと、高圧側にチャージパイプをつけないことですね!これも大トラブルになりますよ(笑)絶対に低圧側にチャージしましょうね!それと、あくまで低圧側と高圧側の圧力を確認しながらの補充が通常の作業方法です。

 

冷媒などもいったん回収し、そして規定量を再度入れる!そしてエバポレーターを綺麗にしたり、はたまたエアコンフィルターを交換するなどの作業をしていくのが通常のやり方ですので、補充の際にはあくまで応急処置として実施しましょう。

車のエアコン(A/C)は冬場もつけるべき?その理由や正しい使用方法

そこでも完全にエアコンが冷えない…効かないというような事態になれば、もう諦めて完全にエアコン修理をしましょうね。

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車車検, 自動車運転