カーエアコンのスイッチが入ったり切れたりする原因は…交換部品他

   

カーエアコンが手放せない季節になりましたが、わたくし大和もここ最近はエアコンのメンテナンスが増えております!特に多いのが昨年までは大丈夫だったのに、今年は全然エアコンが効かないといったトラブル。

エアコンが壊れているのか…としか思い浮かばないかもしれませんが、エアコンといっても様々な部品で構成されているので、この部品が壊れているからエアコンが効かないということもありますよ。

ですので、今日はカーエアコンのスイッチが入ったり切れたりする原因や、その場合にはどのような部品を交換すれば良いのか?について書かせて頂こうと思います。

 

Sponsored Link

カーエアコンのスイッチが入ったり切れたりする原因は何?

カーエアコンのスイッチが入ったり切れたりする原因は一体何か…エアコンを付けて冷房がついたかと思いきや、カチッというような音とともにまた生ぬるい風…そしてカチッと音がしたらまた冷風が…。

このような動作を繰り返していませんか?このようになってしまうと、この暑い夏場を乗り切るには少々大変ですね(笑)さて、この原因ですが1つ考えられるのはプレッシャースイッチなどの故障。

他には配管の詰まりでガスが通り抜ける道がさえぎられてしまっているケース、あとはガス量が多かったり、少なかったりでもこのような怪しい症状が出てしまいますね。

とりあえずこのような状態でも、断続して走りつづければ耐えられるレベルでエアコンは効くので、室内も快適に過ごすことが出来るぐらいにはなるのですが、渋滞時に効かなくなったり汗だくで乗りつづけないといけない事にもなりますね…。

原因としては以上のようなケースが多いのですが、エアコンの修理は案外複雑で、1つ1つ確認しながら部品を交換していく流れがほとんどです!高額な修理にならないように、少し変だと思ったら点検してもらうのが良いでしょうね。

 

カーエアコン スイッチ 入ったり切れたり

 

カーエアコンのスイッチが入ったり切れたりする時に交換する部品について

部品の故障として考えられるのが、やはりプレッシャースイッチ!案外高額なのでは…と思われている人もいるでしょうけど、そう高くないのでご安心ください!国産車でも2000円もしませんし、輸入車でもその倍ぐらいなので案外安いです。

ただ、このプレッシャースイッチだけのトラブルは稀で、カーエアコンのスイッチが入ったり切れたりする場合には先ほども書かせてもらいましたが、やはりガス量の問題、エキパンの詰まり等々、色々なトラブルが相まってこのような状態になっていることがほとんどです。

ガスだけ補充したらエアコンが効くようになった!というようなことは稀なので(笑)スイッチON、そしてOFFを繰り返すような時には、もう少し交換しなければならない部品関係も出てくるとは思いますよ。

カーエアコンをつけて水温が上がる原因は?修理費用や応急処置方法

ちなみに、エキパン関係のトラブルは…ダッシュボードをほぼ分解しなければならなかったり、かなり手間です(笑)こうなるともう買い換えようか…と言うような金額を提示されたりもあるので、見極めも大事ですけどね。

 

Sponsored Link

カーエアコン スイッチの入り切りは頻繁にしない方が良いのか?

カーエアコンのトラブルが多い車の特徴についてですが…エアコンの過剰な使用というよりも…水周りのメンテナンスがしっかりと出来ていなかったり、あとはエアコンのスイッチの入り・切りが頻繁な人…あとは内気循環を多用したり、夏場しかエアコンを使わない人。

このあたりが特徴でしょうかね(笑)その中でも、カーエアコンのスイッチの入り・切りについてですが、あまりに頻繁にやるのは良くないです!カーエアコンのスイッチを入り・切りすることで、コンプレッサー自体に負担がかかってしまうので、何年間も癖のようにこのような動作を繰り返していては、最終的に同じような年式、走行距離の車輌よりもエアコンにダメージが残りやすくなってしまいます。

ですので、できれば頻繁にカーエアコンのスイッチを入れたり、切ったりというようなことは避けてもらった方が良いですね(笑)すぐに壊れることはありませんが、何年も乗ると差が出てきますよ。

 

ちなみにコンプレッサーは決して安くありません!もしも修理工場で故障していて交換が必要となれば…部品を持ち込ませてもらい修理が良いですよ(笑)

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車車検, 自動車運転