事故修理の代車費用は過失割合には関係ない?その理由や妥当性他

   

事故をしてしまった、追突してしまった、されてしまった・・・こんなことは車に乗っている限り良くあることです!でも稀にしかないので、対処法について知らない人も多いのは事実です。

しょうがないことなのですが、いざそのようなことになった時に、何か見返すことができたり、知識をつけることができれば良くないですか?ということで、今日は事故修理の代車費用について書かせてもらいます。

事故をすると修理までの間に代車が必要なんてこともあるかと思いますが、今日はその代車費用と過失割合との関係、そして妥当性?ということについてお話をしていこうと思います。

 

Sponsored Link

事故修理の代車費用って誰が負担するの?

事故をしたときの代車費用は誰が負担するのか?勿論、追突などをされたら相手が悪いことの方が多いので、相手側に負担してもらうでしょうけど、出会いがしらの事故などの時にはどうするのか?

100:0ではないケースの時に、この代車費用が問題になってくると思うんですよね(笑)この代車費用についてですが、普通に考えれば50:50の場合でもその過失割合に応じて請求は可能です。

ここがポイントですが、請求が可能です(笑)請求することはできるけど・・・相手方がその支払いに応じてくれるかは別と言う話ですね(笑)例えば、あなたが軽自動車、相手がベンツだとしましょうか。

軽自動車のあなたは代車で軽自動車を借りたとして、相手はベンツなので代車もベンツを借りたとしましょうか(笑)日額の代車費用が軽自動車が5500円だと仮定して、ベンツが11000円だとするとどうですか?相手に請求するのは辞めようと思いませんか…。

過失割合に応じて、その金額の負担が判明するとすれば、どう考えてもあなたは相当不利です!勿論、逆のケースであれば得でしょうけど、そう考えると、何でもかんでも請求するのは得策ではないでしょうね。

事故は互いにおいての気持ちになって処理していくことで、スムーズに解決しますから一儲けしてやろう!なんて考えないようにしましょうね。

 

事故修理 代車 過失割合

 

事故修理の代車費用は過失割合には関係ない?その理由とは…

先ほど申し上げたように、事故修理の代車費用については、過失割合が100:0だろうと、50:50だろうと請求自体は出来なくはないんですよね。

その理由についてはもう少し踏み込みますが、あなたが代車が必要な状態で、必ず負担をしていただかないとならない環境に応じて支払いをうけることが出来るので、関係は無いんです。

代車とレンタカーの違いとは何?絶対に確認しておくべき事とは…

かなりの過疎地で片道50キロの通勤に使い、尚且つ近くにはバスはもとより私鉄沿線もないとか、夜勤などもあるので、更に公共交通機関は絶対に使えないとか、体に不自由があってその車でないとならないとか。

いわゆる妥当性ということになるのですが、そのお話も次に書かせて頂きますね!ただ、やみくもに請求すれば良いと言う話ではありません(笑)ちゃんと保険会社などにも相談の上、代車費用はどうするか検討をしましょうね。

 

Sponsored Link

代車費用の妥当性について…

もしもあなたが過失割合50:50の場合でも代車費用を請求すれば、間違いなく相手も請求をしてくるでしょうし、かなり揉めます(笑)その間修理にも取り掛かれず、修理工場にもご迷惑をおかけすることでしょう。

やはり時は金なり…時間がかかる割に、割に合わない仕事は鈑金屋さんも積極的に介入はしてくれないでしょうね…さて、この代車の妥当性・必要性については先ほども書かせてもらいましたが、本当に必要かどうかです。

 

それならこうすれば良いのでは?という話をことごとく論破できるような条件が整っていて初めて、過失割合が割れるような場合における代車費用の請求がまかり通ると思っておいてくださいね。

事故で代車を借りる時の車種の選び方は自由?日額の目安について他

でもこのようなトラブルを避けるために、まずは自分の身を守るべく代車費用特約など保険の条件を再度確認して、もしもの事故の時にカバーできるような保険に加入をしておくべきですよ。

ということで、今日は事故修理の代車費用について書かせて頂きました!

 - 中古車屋 開業, 自動車事故, 自動車修理, 自動車運転, 自動車鈑金・塗装