ミニクーパー バッテリー交換費用や選び方は…自分でやってはダメ

      2022/05/21

どうもこんにちは大和です!今日はミニクーパーのバッテリー交換について書かせてもらおうと思うのですが、特に今球数も増えてきて人気のF系のミニクーパーについて書かせてもらいますね。

ミニクーパーのバッテリー交換なんて簡単でしょ!と思われている人も多いのですが、実際交換しようと思うと非常に大変です!私でも面倒だなと思う事もありますので、今日はバッテリー交換費用、そしてバッテリーの選び方、そして何故ミニクーパーのバッテリー交換を自分でやってはダメなのか?おススメできない理由についても書かせてもらいます。

そのまま読み進めて頂いて是非ともご理解いただけますと幸いです(笑)

 

Sponsored Link

ミニクーパー バッテリーはどうやって選べば良いの?

ミニクーパーのバッテリーについてですが、今日はまず選び方からアドバイスをしたいと思います!といっても大袈裟なものではなくて、注意喚起のようなものですよ。

というのも、よくご質問を頂くことがありますが、ホームセンターのバッテリーでも良いのですか?とか平気でご質問があります…勿論バッテリーが上がってしまって、一時的にジャンプさせるのにホームセンターのバッテリーから電源を供給してもらう。

ぐらいのレベルであれば良いですが、ミニクーパーに搭載させるのはちょっとお待ちください(笑)やはり基本的には規格にそった商品を使うのがベストです!ミニクーパーを大きなトラブルに巻き込んでしまうのを避ける為にも適合した商品を使いましょうね。

個人的にはバッテリーはボッシュ、もしくはバルタの2社をおススメしますが、私が利用するのはバルタですかね(笑)やはり欧州車にはバルタが私はしっくりきます!特に搭載後のトラブルもないので、是非とも利用くださいね。

また商品のご紹介は最後させてもらいますので、ご覧になっておいてください!バッテリーは先ほど書かせてもらった2社、また規格はその車両に適合する規格容量のもので交換をする!これを覚えておいてくださいね。

 

ミニクーパー バッテリー交換

 

ミニクーパー バッテリーの交換費用について

ミニクーパーのバッテリーの交換費用についてですが、高いですよ!安いと思ったら大間違いです(笑)ディーラーなどで交換すると、大よそ7万円でお釣りがあるというような感じですね。

バッテリーで7万…と言う人もいるのですが、それが輸入車です!ベンツなどのようにバッテリーとサブバッテリーというような構造でないだけ、ラッキーだと思ってもらうと良いかと。

 


ディーラーでバッテリー交換、ついでにオイル交換もしておいてもらおうかな…で軽く10万の出費です(笑)ですので、ディーラーでのバッテリー交換はおススメしません。

やはり輸入車専門店、もしくはテスターなどを持ち合わせる整備工場での修理交換をおススメしますよ(笑)もう少し安く修理交換できますので、是非ともディーラーは高いと覚えておいてくださいね。

 

Sponsored Link

ミニクーパー バッテリー交換は自分でやってはダメ?その理由とは…

何故おススメしないか?ミニクーパーのバッテリー交換には色々と工具も必要であり、とにかく手間です(笑)工具など一式そろえてでもと言う人には何も言いませんけど、とにかく面倒です。

国産の軽自動車のようにむき出しであれば簡単なんですが、とにかく手間です(笑)手間しか言ってませんけど、おススメはしないですね。

カバーの取り外しの最中にクリップを破損、もしくはエンジンルームの奥深くに落とす…ターミナルの付け忘れ、エアクリーナーボックスなどの取り付け不良による破損などなど、トラブルの原因を作ってしまうことも多いです。

さて、肝心の交換時期ですけど、やはり新車から3年経過するあたりから劣化は進みます…早い車だと3年持てば良いかなと思いますよ(笑)やはりバッテリーはエンジンがかかりにくくなるなど予兆があります。

ミニクーパー ブレーキパット交換費用や警告灯がついても走れる?

とりあえずかかればいいや!と思っていると突然バッテリーがダメになるということもあるので、予兆があれば絶対に交換してください!まだ大丈夫…まだ大丈夫と言っていると場所によってはレッカーしてもらえないとか面倒なことになりますよ。

あとは、安く修理するには持ち込み修理がお勧めです(笑)修理工場が持ち込みOKであれば、適合の確認をしてもらって持ち込み修理してしまいましょう!ということで今日はミニクーパーのバッテリー交換について書かせてもらいました。

 - 中古車屋 開業, 自動車修理, 自動車車検, 自動車運転