BMW ディーゼルをチョイ乗りしたときの燃費とは?HVとの差

   

大和です!今日はさすがに暇でしたね…1日家から出ていませんし、お仕事の電話も2件。

テレワークしているつもりこそありませんが、日に日に景気が悪くなっているようなないような…有事のタイミングですから、しょうがないにしても、さすがにやることが無いので、ブログを書いて寝ます(笑)

BMW X3ディーゼルの評価や燃費とは?中古車オークション相場他

ということで、今日は人気のBMWのディーゼルについての記事になりますが、皆さんディーゼルの燃費が良いことは周知ですよね?でも、このディーゼルをチョイ乗りしたら実は燃費が悪いのでは?なんて思われたことはないでしょうか。

例えば、軽自動車などについてはチョイ乗りするぐらいの距離であれば、実はカタログ値よりも燃費は悪くなります!その考えもあってか、ディーゼルはチョイ乗りには不向きだと思われている人も、少なからずいるとは思いますので、ディーゼルをチョイ乗りしたときの燃費についてのお話や、ハイブリッド車とはどちらが良いのかについて書かせて頂きますね。

 

Sponsored Link

BMW ディーゼルモデルの燃費はリッター何キロぐらい?

私はどちらかと言うと、古い人間なので未だにBMWと言えば、直列6気筒でイグニッション!そしてあのドロドロとしたエンジン音が好きな派ではありますが、最近ではBMWと言えばディーゼルと言う人も増えてきています。

いわば、エンジン音だの拘りが消え、BMWや輸入車で一番の大敵とされていた燃費性能がかなり良くなったことが上げられますよね!音よりも燃費…これは確かに今の時代の流れだとそうでしょうね。

BMW X5 ディーゼルの燃費や故障率は?中古車オークション相場

では、ディーゼルモデルの燃費はどの程度なのか?カタログ値はさすがに達成できないものとして…私が過去に販売したBMWのディーゼルでリッターどのぐらい走っていたかというと…下道のみですが、公道でリッター15キロぐらいは平気で走っていましたね!

勿論乗員定員とか、荷物、はたまた坂があるとか信号があるなどの条件は様々ですが、数台販売した人の意見をまとめると、これぐらいは走っていた人がいたかと思います!となると、一昔前の軽自動車ぐらいはリッター当たりの走行距離は走ってしまうわけです。

そこを前提に次に書かせて頂くのが、そんなBMWのディーゼルをチョイ乗りしたときには燃費はどうなるのか?書かせて頂きます。

 

BMW ディーゼル チョイ乗り

 

BMW ディーゼルのチョイ乗りは注意!抑えておきたいポイント

BMWのディーゼルモデルですが、ほとんどのシリーズで出ていますよね(笑)あの7シリーズですら、ディーゼルモデルがあるわけですから、やはり今のディーゼルは昔に比べ、音も大分マシになってきたので、上級モデルでも採用が出来たのでしょうね。

でもBMWのディーゼルを乗るにあたって、チョイ乗り目的だけで購入されるとあらば注意してもらいたいポイントがあります。

そもそも、ディーゼルの燃焼機関については、ガソリン車とは違いインジェクションなるものがないわけですから、プラグなどが存在しておりません!全く取り扱いは別ものぐらいの認識でいて頂いた方が良い訳です。

BMW ディーゼルエンジンから異音の原因は?耐久性についても

そんなディーゼルにはついてまわるのが、DPFと言われるものですが、これがチョイ乗り環境に適しているかと言えば、ちょっと向いていないかもしれません。

ではどうなるのか?繰り返しエンジンをつけたり消したりしていくことで、いわばこのDPFがダメになってしまうわけですね…となるとディーゼル車の場合、ガソリン車に比べメンテナンス費用も、そして修理費用も少々高くついてしまうわけで、チョイ乗りは避けたいところです。

最低でも30分ぐらいはエンジンに負荷をかけながら走行するなどをしておかないと、年数が経つにつれて燃費性能も落ちますので、ご注意くださいね。

 

Sponsored Link

BMWのディーゼルに乗ってチョイ乗りするぐらいならHVがおススメ?

極論ですが、本当に近場1キロとか2キロぐらいのスーパーに買い物に行くのに、週に2回とか3回ぐらいしか乗らないと言う事であれば、軽自動車がお勧めです。

とはいえ、軽自動車とは車のボディサイズも違うので、ちょっと毛色が違う訳で(笑)同じ普通自動車で考えるのであれば、ディーゼルを強引に選ぶよりも、ガソリンまたはHVを選ぶべきです。

ガソリン車については、エンジンが違う程度でチョイ乗りぐらいであれば、ディーゼルとの新車での価格差を考えると、ガソリンでもその価格差のアドバンテージがあるので、安く買えた分、ガソリン代などについてもそんなに気を取られることは無いかと思います。

BMW 3シリーズディーゼルは故障しやすい?高額修理となる箇所

また、DPFに悪い環境となるチョイ乗りを繰り返すぐらいであれば、正直HVの方がDPFの故障やトラブルの原因にはなりませんから、どうせ乗るならチョイ乗りはHVで全く問題ないでしょう。

ただ、HVバッテリーなどについては、国産車のHVもそうですが、使えなくなった時の修理交換費用は非常に高額であります(笑)ですので、そうなった時のことも考えながらの車選びが重要でしょう!

ということで今日はBMWのディーゼルモデルにおけるチョイ乗りの善悪について書かせて頂きました。

 - 自動車燃費, 自動車運転