車検 不要な整備を断る方法や交換をしなくても良い部品とは…

   

どうも大和です!たいへんお久しぶりですが、別にサボっていた訳ではないのでお許しください(笑)さて、今日は車検について書かせてもらいますので、是非ともご覧ください!

ほとんどの車は2年に1回車検を受ける訳ですが、どうも皆さんこの車検を何とか安く済ませようとやっきになっていますよね…2年の車検の間にみっちりメンテナンスをしているのならともかく、大体の人はしていませんよね。

でも言われるがままに全て部品などを交換すれば良いと言うものではありません!車検の際に不要な整備を断る方法や交換しなくても良い部品などを書かせてもらいますので、ただ単にケチるのではなく、これは不要です!とはっきり言えるようにしておきましょう。

でも、あまり言いすぎると「他に行ってもらって良いですよ」となりかねませんから、ほどほどにお願いしますね(笑)

 

Sponsored Link

車検 不要な整備を断る方法とは…

車検の時には複数見積もりを取ることをお願いします!ここである程度必要・不要というのがわかるかと思います!さて、車検の見積もりをとると各社微妙に見積もりの内容が異なることがあります。

人が点検するのですから当たり前ですよね(笑)マニュアルに沿った部品交換を勧める人もいますし、経験やその車両のウィークポイントをしっかりと把握して提案される人もいます。

どれが正解と言う事は無いのですが、年数が経過した車両ではやはり勘や経験は必要ですし、輸入車などによると益々必要です!さて、不要な整備を断る場合について書かせてもらいますが、まず初めての車検!3年目に迎える初めての車検で走行距離もほとんど走行していないような車両では、まず間違いなく交換部品はありませんから、部品の交換があるとしたら不要な整備と思っても良いでしょうね。

ただし、オイル交換ぐらいはもしもしていないのであればするべきです!しているのなら不要です…ほとんどの工場では、交換して1000キロしか走っていないと言っても「真っ黒ですよ」なんて言うのですが、大体交換して数百キロも走れば黒くなります(笑)

初めて受ける車検ではしっかりとこのあたりを見極めましょう!そして2回目の車検では部品の整備なども出てきますから、ここからが重要です。

 

車検 不要な整備

 

車検で交換しなくても良いものとは…

車検で交換をしなくても良いものですが、実は…よほどの部品以外は交換しなくても車検には通ります!これはどういうことかと言うと…基本的に車検では外回りなどの外観のチェック。

サイドスリップのチェック、ブレーキのチェック、メーターの検査、ヘッドライト、あとは排ガス、下回りの検査というところで適合・不適合を見ていくのですが、この部分に大きく影響を及ぼす部品以外はあまり重要ではありません。

あとはメーカーなどで規定されている水準に達しているかどうかなどで交換部品などを検討していくことになるのですが、実際のところはその車検を受ける段階でギリギリどうかというような状態でもギリギリセーフであれば2年の車検をゲットできてしまうんですよね。

車検がめんどくさい人におススメの受け方や依頼の方法について他

例えば、交換しなくても良いものの代表例ではエアコンフィルターとか…あとはオイル交換なども関係ないですね(笑)下回りのシャーシブラックとか水洗い洗浄とかあんなものも関係ないです。

確かにやっておけばイメージは良いですが、別になんてことはありませんよ!もしも執拗に交換や修理、メンテナンスを勧めてくる場合においては違うところで車検を受けましょう。

また基本料金が安い工場は…最終的に高くなります!しかも作業の途中で「分解したらこんな状態で…」なんて言いながらとにかく高くしていきます!車検を安く済ませられますなんて工場ありますよね…注意してくださいね。

 

Sponsored Link

車検を安く済ませるにはどうすれば良い?

安く済ませるには、やはり断るべき不要な整備は断るべきですね!ただ、ここは押し問答になるので、自分でできる部分自分でやってしまうのも1つ手ではあります。

車検では普段見ることができないところを交換してもらえるので、恩恵はあるのですが…安く済まそうと思うと純正部品の使用は極力避けて、社外品やOEM品で済ませるのがベストでしょう。

ウィークポイントがある型式車両の情報をネットでちゃんと見つけて、そして整備を自分でやってしまう、もしくは部品交換などを安くしてくれる工場に先に入庫させて修理を完了させてから受けるのが良いですね。

 



特に輸入車では事前に安く修理をあげておかないと、ちょっとした所の修理費用も莫大です(笑)安く車検できますよなんて謳っている車検専門のお店でも輸入車は別物です。

間違いなく高くなるので、もしも修理が必要な部分があったり、年数が経過している車両はこちらからまずは見積もりを取ってみて下さい!支払う額にかなり開きが出ますよ。

車検費用が高いというのは決して悪いことではありません!予防整備などをしっかりとやってくれる工場もありますからね。

 - 自動車修理, 自動車売却, 自動車購入, 自動車車検, 自動車運転