外車が壊れやすいのはなぜ?その理由や嘘と言われる真相についても

   

外車が壊れやすいと言われるのはなぜなんでしょうかね…これ意見が本当に分かれますよね(笑)私も壊れるとは言いますけど…今日はその理由に迫っていきたいと思います。

外車は壊れる。ボロいから。

このようなことを言われる人もいますけど…確かに完全否定はできませんね!ということで、今日は外車が壊れやすいのはなぜなのか、その理由や外車が壊れやすいというのは真っ赤な嘘と言う人もいます(笑)その真相についても書かせてもらいますね。

 

Sponsored Link

外車が壊れやすいのはなぜ?その理由とは…

外車が壊れやすいのはなぜなんでしょうかね…でもまずこの「壊れる」という言葉1つを取り上げてみると、この「壊れる」というのが人によって考え方に違いがありますね。

例えば、外車に乗って初めて警告灯が点灯した!これは壊れているのではなくて、知らせてくれているアラート機能だ!と解釈できる柔軟な人だとしたら(笑)これは壊れてしまう前に知らせてくれたんだとなるので、多分「さすが外車!」となると思うんですよね。

でも、この逆パターンだと…多分警告灯ばかり点灯してすぐに「壊れる」という話になると思うんですよ(笑)ですので、外車に乗るにはある程度気持ちに余裕が必要ですし、お財布にも余裕がないと乗れませんね。

警告灯がつくからあまり乗らないようにしているとなると、ちょっとおかしな話ですんで(笑)また本当に壊れやすいのは間違いないと私は思うんです!国産車では考えられないような部品も定番の修理と言いきられますし。

国産車の部品の品質は間違いなく高いです!外車については、そのレベルには追い付いていないことは間違いないですが、それでも外車でも国産メーカーパーツが少しづつ使われるようになってきています!海外では壊れたら修理して乗る…というのが当たり前なんですが…日本ではまだまだ浸透していないように思いますね。

 

外車 壊れやすい なぜ

 

外車が壊れやすいのはウソ?その真相について…

外車が壊れやすいのはウソだ!と言う人もいますね…・ほとんど壊れたことがないという奇跡的な人も世の中には存在します(笑)でも少数派でしょうかね…何故壊れやすいのはウソだ!と言うのか…。

これ本当のところ、車から3年毎に乗り換えているような人は本当に大きな故障にも遭遇していないので、壊れやすいとはあまり思われていないですね!やはり財布から出費が伴って嫌なイメージが残りますから、保証期間内であればいかに壊れても保証修理できたので、壊れた…壊れた…というような悪いイメージが残らないんだと思います。

新車から乗られて乗り換えをガンガンしている富裕層の皆さんは(笑)多分外車が壊れやすいなんてありえないと思っていると思います!ちなみに、壊れやすいメーカーというのは勿論ありますが…。

プジョーが安い理由とは何が原因?絶対におすすめできない訳とは…

どちらかと言うと壊れた時に面倒なメーカーというのはあります(笑)もしも気になる人は過去の記事もご覧になってみて下さいね。

 

Sponsored Link

外車が壊れたら廃車?安く修理するには…

馴染みの車屋さんから言われたらもう廃車にするしかないとか…高額な修理費用を聞いて廃車にしようか…と悩まれている人!拾う神ありですよ(笑)工夫して修理可能だと言い切る修理工場なんて全国に無数にあります。

専門店などはASSY交換でなくとも、分解整備で安く修理できる!という自信に満ち溢れて会社もありますので、是非とも外車が壊れたら捨ててしまうのではなくて、まずは見積もりをしてみましょう。

 


実際に面倒ですよね?調べ付きして修理方法を考えるとか、専門店に折角の休みをフル活用して電話しまくる…なんてことは!でもまずは見積もりだけでもしてみてください(笑)「こんな整備工場が近くにあるんだ」「えっ?あそこ外車の整備してくれるんだ」なんてことは実際にありますし、しかも案外リーズナブルな見積もりが出てくることから、結局そこのリピーターになるなんてことも。

灯台下暗しで、ちゃんとした方法で探せば修理工場は見つかります!そしてちゃんとした修理工場は様々な選択肢から修理方法を提案してくれます!一式交換じゃないと修理できないというのであれば、正直ディーラーで修理の方が安心でしょう。

外車は壊れやすいというのは…確かに当たっている部分もあるのですが、その後の対応の仕方で修理費用は雲泥の差です!まずはお見積りからとるようにしてみましょうね!ということで、もしも外車修理にお困りであれば、こちらから見積もりをしてみてくださいね。

 - 自動車修理, 自動車売却, 自動車購入, 自動車車検