L350S タイミングベルト交換費用や格安修理パーツについて他

   

おはようございます大和です、今朝は朝4時ごろに目が覚めてしまって、全く寝ることが出来なかったので早速ですがブログを書いていこうと思います。

今日は、ダイハツのタントについて書かせて頂きますが、読者の方はもしかすると珍しいな…なんて思われているかもしれませんね(笑)

先日もこのような記事を書かせて頂いておりますので、もしタントに乗られている人で困っている人は一度ご覧になってみてくださいね。

L350S(タント)エアコンが効かない・冷えない原因や確認方法他

では早速本題ですが、今日はタイミングベルトについて書かせて頂きますが、交換費用やいかに安く直すかについてもご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

L350Sのタイミングベルト交換費用はいくらなの?

タイミングベルトですが、ご存知の人であれば、交換するものだという認識もあると思いますが(笑)何?タイミングベルト?なんて思われている人はこちらをご覧ください。

タイミングチェーン交換不要は嘘?ベルト式との見分け方や修理費他

このタイミングベルトはあくまでゴムで出来ているため、あまりにも劣化してしまうと千切れてしまうというリスクがありますので、必ずどこかのタイミングで交換する時期が訪れます。

もし切れてしまったことで、その車自体が乗れなくなってしまったと言う場合は、最悪不動車として処分しなければならない可能性が高いですね…そんなときには処分となりますが、このようなところで1円でも高く売ってしまうのが肝です。

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

新車から10年とか、走行距離10万キロになったらなど、その個体差によって交換時期などもあるわけですが、意外とタイミングベルトの交換は費用がかかります。

というのも、タイミングベルトを交換するときには、それ以外の関連部品も同時交換をするのが一般的ですから、そのあたりは後程紹介をするとして、大よその費用としては6万~7万円の間が相場です。

それ以上高い場合には何か関係のない部品も交換されているか、時間チャージが高いかのどちらかだと思われるので、少しでも安くと言う人はこちらから探してみてください!基本的に修理などは相見積もりをした方が良いですよ。

 

L350S タイミングベルト交換

 

L350S タイミングベルト交換時に一緒に交換するパーツとは?

タイミングベルトが悪いので、タイミングベルトだけ交換すれば良いのでは?と思われる人もいるかと思いますが、周辺パーツについてもその頃にはかなり状態は悪くなっていると思います。

一般的に同時交換をするのは、タイミングベルト、ウォーターポンプ、カム・クランクシール、テンショナープーリー、そしてアイドラープリーなどは交換すると思っておいてください。


それらを踏まえての交換費用が先ほどの6万とか7万ぐらいですので、覚えておいてくださいね!

ちなみに、軽自動車なのに高いような…と思われている人もおおいかと思いますが、あえて言いますが、軽自動車はところせましとパーツが組み込まれていますから、正直バンパーやヘッドライト、そして場合によってはタイヤなども脱着しての作業となりますから、それも踏まえると決して高くはないですよ。

 

Sponsored Link

L350S タイミングベルト交換を格安で修理する方法とは?

6万とか7万円を出すのが惜しい…もう1円単位でも安くしたいと言う人もいると思います。

恥ずかしいことではないですよ(笑)むしろ同じ作業をしていただくだけですから、格安で修理するには交換するパーツを修理工場に支給してあげれば良いのです。

そうです(笑)ネットで入手したパーツを、修理工場に持ち込んで、少しでも費用を削減してしまいましょう!

工賃以外にも、ちょっとしたパーツにもその会社の利益分がのせられていますから、一度見積もりをしていただいて、工賃が一番安いお店に修理を依頼すべきです。

ということで、L350Sのタイミングベルト交換に必要な格安パーツを少し紹介しておきますので、交換しなければならない人や、そのタイミングが迫っている人は利用してみてください。

最低限のセットになっていますから、これがあればほとんど問題ないでしょうね、勿論ちょうど良いので他のパーツも交換してもらおうと言う人は、同時に依頼すれば工賃がかからないものもありますから、そこは修理工場にしっかりとヒアリングしてみてくださいね。

 - 自動車修理