ヴェルファイアの輸出仕様の条件とは…今買うと損な理由とは?

      2018/03/04

どうも大和ですが、最近は軽自動車もそうですがアルファードやヴェルファイアなどの箱ものが非常に人気ですね、どこへ行ってもアルファード、振り返ったらヴェルファイア、本当によく見ますので人と車が被りたくない私にとっては地獄絵図なのですが、ヴェルファイアやアルファードなどは、どこが良いのでしょうか。

あのスタイルといっても、少しフロントマスクがいかつい感じになっていることぐらいで、特に印象はないのですが(笑)乗っている人も大体、あっち系の人が多いのは気のせいでしょうかね…。

さて、そんなヴェルファイアなどについては、本当に好きで10年は乗ってやろうなんて人も多いのは事実なのですが、実はそうではなくヴェルファイアを輸出し、転売をすることで稼ごうと思っている方が多いからなんです。

これについては一般消費者の方が、中古車販売店や専門店の人に話を聞き、新車をおろして1年後に転売するということをしているわけですが、もしそんな話を知らずに、何となく長く乗るつもりでヴェルファイアを購入したというあなた!

もし高く売れるとしたら、購入して1年2年足らずで売ることを考えられますでしょうか、ネットなどでは批判的な意見も多いのですが、もし購入した時よりも多く現金が手元に残るとしたらどうでしょうか?

気になる人は一度、査定をされてみてはどうでしょうか、1分ほどのものでしょう、期待の買い取り価格が出てくる可能性はゼロではありませんからね。

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

そんなヴェルファイアの輸出については色々と噂があるのですが、まず最低限輸出にするためには、そろえておきたい条件もあるわけで、知っておいてもそんはないので、少し解説をしましょう。

Sponsored Link

ヴェルファイアを輸出で高く売る際に必要な仕様とは?

ヴェルファイアを高く売りたければ、まずは色やオプションなど細かな設定はとにかくこだわりましょう、1年後に売ることを考えた買い物をすれば良いので、やっとヴェルファイアを手に入れたと言う感情は捨てなければならないでしょうね。

まず色については白か黒しか選ばない方が良いですね、そしてハイブリッドグレードは絶対に選んではダメですね、びっくりするほどガソリンが安いので、ハイブリッドはそこまで人気はないですし、ハイブリッドは壊れると費用がかさみますからね。

トヨタ ヴェルファイア / 20系 アルファード ガソリン/ハイブリッド HV対応 セカンドラグマット + 2列目通路用マット + サードラグマット 7人乗用 オーダーメイド フチ12色 フロアマット フロアーマット カーマット フロアカーペット TOYOTA

そして、絶対にはずしてはダメなものはサンルーフですね、こちらについては必ず入れておかなければ、ヴェルファイアの輸出条件が満たされません。

話を統合すると、オプションはほぼつける事と、グレードはZ-Gを選ぶことですね、Xなどの下位グレードについては輸出のメリットは全くありませんからね。

 

ヴェルファイア

 

ヴェルファイアを今購入すると損なのか?その理由とは…

2017年9月現在で、ヴェルファイアを購入すると損なのかそれとも問題ないのかというところを懸念されている人も多いかと思いますが、今新車で購入をするということは、1年後の相場によるわけですが、今後マイナーチェンジの話もあるので、購入すべきではないでしょうね。

プロが教える高く売れる車ランキング2017!国産車種ベスト5他

1年後というのは何故?と言う人も多いのですが、例えば近隣アジアのとある国は、1年間経過しないと関税を200%かける国もあり、日本で1年間寝かせた方が、安く買いものができるというわけです。

ということで、アジア諸国の方は1年落ちのヴェルファイアを狙われているわけですね!(笑)ここは覚えておきましょう。

さて、そんな中30系後期がついに発売しましたが、輸出仕様をまとめていますので、気になる方はこちらをご覧ください、業者オークションの相場なども参考になると思いますよ!

ヴェルファイア 30後期を輸出で高く売る方法は?必要なオプション

特定のグレードやオプションをつけることで、輸出でお値段がグッとあがりますから、ここはおさえておきたいところですよね。

 

Sponsored Link

ヴェルファイアの輸出価格に匹敵する国産車は何?

ヴェルファイアについては、現在は価格が高騰する一時期のブームが通り過ぎているため、非常に相場が安定しています。

例えば、とあるオークション会場での相場を少しお知らせしますと、2.5Z-Gエディション、色はパールで29年式、走行距離は1000キロ以下、ナビ抜きで落札価格が400万です、そしてヴェルファイアでも上級な、エグゼクティブラウンジについては、29年式で色は黒、距離は1000キロ以下で、落札価格が620万です。

一時期のフィーバーしていた時よりは、少し落ち着いてきた感じはありますね。

では、そんなヴェルファイアに匹敵するような輸出相場のある車種についてなのですが、現在で言えばランドクルーザーやハリアーなどについては、まだ高く売れる可能性はあるので、検討している人は早めに売るべきでしょうね。

ただし、200系も少し終わりつつある感じがするので、暴落する前に私なら売却すると思いますね、店舗に在庫があったとすれば間違いなく損切りな感じですがね(笑)

そしてCH-Rについても、ここから値段が上がるような予想を私はしていますね、最初のほうは値段が付くと思うので売り方次第だと思いますね。

 - 自動車売却, 自動車購入