ベンツ 中古車の注意点は?故障しない車両の見分け方やポイントは

   

どうもこんにちは、久々のブログ更新になりますが、今日はベンツの中古車を買う際の注意点について、少しお話をしていこうと思うのですが、皆さんベンツのイメージはいかがですか?

ベンツ 安い中古車はどこで買えば良い?認定車と専門店の注意点!

以前にも書いたのですが、乗っていると成金なイメージや怖いイメージが出ると言うような話もさせていただきましたが、最近ではベンツも色々なグレードが出ており、価格帯も非常に安価なモデルが世に出回っています。

また、ベンツの中古車はBMW同様に注意点こそあるものの、流通台数が非常に多く、外車で買うならベンツやBMWを探す方が私は早いように思いますね。

勿論フォルクスワーゲンやアウディもそこそこ中古車としては流通していますが、ベンツやBMWの中古車台数には敵わないかもしれませんね!

さて、そんなベンツの中古車を買いたいと思われている人に、少しベンツの中古車を買う際に注意したい、注意点などや故障しない車の見分け方やポイントを少しお話しようかと思います。

これは、次の車を買う際に中古車の注意点をしっかりと把握して頂き、ベンツやBMWに乗ってもらいたいと思っているからです。

少しお話をしますので、ついてきてくださいね!

Sponsored Link

ベンツ 中古車の注意点はどこ?

ベンツを買う際に、注意してもらいたいのがまず対象となるのがCクラスなのか、Eクラスなのか、Aクラスなのか…。

どのクラスの車を買おうとしているのかをまず確認した方が良いですね、中古車の価格帯も違いますし、何より注意するポイントも変わりますからね。

さて、対象のクラスがわかればあとは探すタイミングだと思いますが、まずは自分の車の売却手続きをしなければなりませんよね、実際に下取りをしてもらっても良いかと思いますが、実を言いますと中古車専門の買い取りセンターで複数社に見積もって頂いた方が、高価買取が実現しますよ。

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

基本的にはAMGなどが人気なので、相場的にも価格が安くなりづらい売るときにもメリットがあるAMGなどが狙い目なのですが、AMGは維持が大変なので、もし買おうと思うとかなり気合がいりますよ!

ではベンツ中古車で注意する点は、やはり素人目に見ても、警告灯などが点灯していないか?走るとゴトゴト音がしないか?エンジンルームからキュルキュル音がしないかなど、目で見ておかしい、音を聞いておかしいと思う点をとにかく調べた方がよいです。

エンジンをかけて、エアコンを最大風量にし、吹き出し口から冷たい風がどの程度で出てくるか?運転するときは窓を全部あけて、音を聞く、ここらへんをやるのとやらないのとでは、大違いです。

あとから故障個所が見つかると、本当に手が付けられないほどの金額になるので、まず騙されたとおもってやってみましょう。

 

ベンツ 中古車 注意点

 

ベンツ中古車購入の際に故障しない車両の特徴は?

過去の経験から申し上げますと、故障しない車両の特徴は、毎年定期点検をおこなっており、大半の部品が交換されている車両は、故障する可能性が本当に少ないと思いますね。

そのような車に備わっているものは、やはり記録簿というものが備わっています。

ですから、その車が世におりたって、今に至るまで、どのような整備を受けて、どこを交換、修理しているかがしっかりと判明している中古車であれば、故障しない、しにくい車両であることは間違いありません。

また、見た目でいきますと、ベンツの中古車はカスタムしている車両は購入をさけたほうがいいですね(笑)ロアリングで車高が落としてあるとか、大口径ホイール、エアロ、この辺は事故を隠していたりすることが多いです。

あとからお金をかけてカスタムをするのが面倒な人は、購入しても良いかもしれませんが、大抵売る時に損しますね。

Sponsored Link

ベンツ中古車を買うポイントは年式?それとも走行距離?

ベンツの中古車を買う際に、年式は高年式で走行距離も少なめ…このような条件で探すと、それならもう新車で買う方が保証もあるし…というような展開になりがちなのですが、買うならどちらかにポイントを絞って買うと、安く買える可能性がとても高いです。

先ほどお話をした、故障をしにくい車両という事で探すのであれば、ベンツ中古車は、高年式過走行車両を探した方が良いでしょうね。

走行距離が少なくても、低年式の車両はゴムや樹脂の劣化がひどいものがありますから、乗り始めて2次エアをインテークから吸い始めたり、ブッシュのゴムがきれて、ゴトゴト音が鳴り始めたり、エンジンのマウントが潰れていてアイドリングのときに振動がでたりと、低年式車両のベンツはこの辺が注意点でしょうね。

高年式の車両は走行距離がかさんでいたとしても、消耗している部分はブレーキローターやパッドの部分がほとんどでしょうから、ベンツの中古車を買う際は、ここがポイントですね!

ただ、高年式車両というのは、距離がかさんでいても、現行型であれば実は少々高いのが玉にきずなところもあるのですが、普通にそのような車両を安く手に入れようと思うと、販売店などで購入するのは難しいでしょうね。

できれば、オークション会場から直接探して購入をしたほうがよいでしょうね!そんな車を探している人は、大和をうまく活用してみてください(笑)

実際に、購入しようと思われている人は、まず自身の車の相場を確認して、次に買うベンツの中古車がどの程度で購入することができるのか把握が必要ですね、皮算用はしないよりすべきで、お金を貯める目標にもなりますし、タイミングによっては自身の車が高く売れる可能性もありますからね。

色々な買取店に出向いたり、営業電話を受けたりするのが面倒な人は、同時に一括査定した方がよいでしょうね、時間の節約にもなります。

1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

 - 自動車売却, 自動車購入