BMW ブレーキダストが出ないようにする方法や対策に洗浄のコツ

   

どうも大和で御座います、今日はとある方がツイッターからメールをくれまして…BMWを購入したいと思っているけども、どうも安くて怪しいというような問い合わせでした。

確かに他のお店よりも断トツに安い車屋さんというのは存在しますが、基本的に安いには理由があるので疑ってかかった方が良いでしょうね(笑)特に、どこか修理していたり、鈑金をしているような車外観は綺麗でも、内部はどのようになっているかはわかりませんし、素人での判断はとても難しいですからね。

BMW 中古車購入の注意点とは…チェックすべき3つのポイント

ですので、安い車についてはかなりの知識が無いと見分けがつきません…逆に考えれば、外観では判断がつかない分、周りの人にはわからないわけですから、あえて購入して新しい型のBMWに乗っているのも見栄えが良いと言えば良いでしょうね(笑)一生乗るわけではないので、売る時の査定額を気にされない方は乗られても良いかと思います。

さて、今日はBMWのブレーキダストについて書かせて頂きますが、乗られている人はブレーキダストにお悩みでは無いのでしょうか?これから乗られる人については、ブレーキダストがどれぐらい出るかもわからないですから(笑)今日はブレーキダストについてのお話をします。

出ないようにする方法や対策、そして洗浄のコツについても書かせて頂きますよ!

 

Sponsored Link

BMW ブレーキダストが出ないようにする方法とは…

BMW以外の輸入車でも当たり前なのですが、ブレーキダストが本当に出ます!ちょっとでは無くて、純正のシルバーのホイールが真っ黒になるほどブレーキダストが出ます。

これは避けては通れないのですが、特に純正のブレーキパッドであれば、前後必ず汚れてきますね(笑)私も若い頃BMWにのっていた時、本当に1週間に1度は必ずブレーキダストの洗浄をしていたことを思い出します…。

BMWのブレーキパッド警告が点灯したら残量は何mm?摩耗の原因は

ではこのブレーキダストを出ないようにするにはどうすれば良いか方法をお教えします。

まずは純正のブレーキパッドをこの際交換をしてください!BMW純正ではないですが、社外の低ダストパッドが世には多く出回っていますから、それを換装することからスタートです。

ATE アーテ ATELD2725 欧州車用低ダストブレーキパッド 【Eマーク認定品/純正と同等の効きで圧倒的にブレーキダストが少ない! BMW MINI/クラブマン クロスオーバー等】

よく、純正のブレーキパッドでないと、止まらないとか鳴きがあるとか言いますが、ちゃんと面取りして取り付け、グリスもちゃんとつけてあげれば問題ないですし、レースをするわけではないですからね(笑)そして止まらないということもありません。

低ダストパッドに変えることで、かなりブレーキダストが出ない方向になりますから早速お試しを!

 

BMW ブレーキダスト 出ない

 

BMW ブレーキダストが出ない為の対策や出たらダメな理由とは?

ブレーキダストですが、そもそも何故出たらダメなのか?出たらダメだという理由はありません!むしろ、しっかりとパッドがローターに当たり、削れて出てくるダストな訳ですから、問題ありません。

でも気にする人が多いのは、やはりブレーキダストが出ると美観もそこないますし、何よりホイールにそのダストが焼き付いて、ホイールからその汚れが取れなくなってしまうからなんです。

BMW ブレーキが効かない原因は?カックン症状や異音への対策他

知らずに適当にのってしまうと、いつしかブレーキダストが取れない…ということになりかねませんので、必ず定期的にケアしてあげることが必要ですよ。

低ダストパッドであっても、ブレーキダストが出ないということはないので(笑)対策としては、ホイールのコーティングをしてもらうのも良いかもしれませんね、出たとしても比較的サッと洗浄するだけで汚れが落ちますからね。

ホイールにコーティング?と思われた人は、こちらなどから施工して頂けるお店を探してみてください、輸入車の修理やメンテナンスをしているような工場だと、聞きなれたお話ですから、見積もりや相談にのって頂けると思います。

それか純正のホイールを艶消し塗装などで誤魔化すのも悪くは無いですね(笑)ブレーキダストが目立たなくはなりますので、これも1つ対策とは言えるかと思います。

 

Sponsored Link

BMWのブレーキダストを効率よく洗浄できるコツや鉄粉落としのアイテム紹介

色々なものを試してきたけど全然ダメだった。

でも本当ですか?実は効率よく洗浄してブレーキダストを洗い流せる商品もありますよ!あとは洗浄するときのコツと言うのでしょうかね(笑)その辺りも勉強して帰ってください。

まずは、ブラシなどでブレーキダストを取ると言うのは個人的にはおススメではないですね、洗浄するときにスポークの細かいところまで洗浄するには、やはり頼りになるのは自分の手…指!を使う事にが最大のコツです。

手袋に細工が必要ですが、手袋の至る所にスポンジを付けて、指でスポークのブレーキダストをゴシゴシ洗っていくようにすれば、かなりの時間短縮になりますよ!私が昔からやっている方法になるのですが、ブラシでは磨けないスポークの深い部分や、スポークの裏側などにもアクセスできますのでお勧めです。

あとは洗浄するための洗浄剤についてですが、アイアンカットはかなり推したいですね(笑)値段から性能を考えても、かなり安いですし、このような商品がプロ向けではなく素人でも購入可能というのが、時代を感じますね(笑)

あとはコーティングを自分でやってみたいと言う人には、こちらの商品もおすすめかもしれませんね、アルミホイールのコーティングは、インチ数やそのホイールのデザインによって値段が変動するのですが、安くても4本で12000円ぐらいはかかってきますから、DIYでやってしまえば安くは出来てしまいますし、洗浄剤やコーティング剤が余れば次にも使い回しが出来いますので、購入してDIYでやってみるのも良いでしょうね。

 - 自動車修理, 自動車運転