BMW ベージュレザーシートの汚れ除去方法や黒ズミの消し方

   

どうもこんにちは大和です、今日もステイホームですね…とはいえ車は売れています!やはり国からのお金は意外と使われている人が多いと思われますね(笑)さて、今日は久しぶりにBMWのお話。

どうも所有者の方がクリーム色、いわゆるベージュのレザーシート車両とのことで、汚れが目立ってしょうがないということでご連絡を頂いておりましたが、こちらにてその解決方法を書かせて頂きますね。

今日は汚れをどのように除去すれば良いのか?そしてベージュレザーの大敵である黒ズミの消し方などについても書かせて頂きますね。

 

Sponsored Link

BMW ベージュレザーシートの汚れ除去方法とは?

黒い革シートよりも、やはりベージュレザーの方が明るくて、人気のある革シートになるのですが、でも欠点があるんですよね。

それは尋常じゃない程に汚れが目立つこと!黒革のシートであれば汚れと言えば、シートのサポート部が擦り切れて白くなるぐらいのもので、まだ良いのですが…ベージュレザーは擦り切れる+汚れが目立ちます。

ミラー真下の水垢の落し方やコツとは…おススメアイテムも紹介

では、この頑固な汚れはどうすれば良いか?これは毎日の清掃が重要なのですが、固くしぼった雑巾などで毎日、最低でも1週間に1回は必ずシートをふきあげしましょう。

1か月に1回レベルであれば、更にその作業+普通に日用品のお店で購入ができるスポンジなどに薄めた洗剤を塗布して、シートを軽くこすり、そして固く絞った雑巾でふきあげをしましょう。

これが1年…3年…5年…となってくるとシートに凄い差が出てきます!革シートの汚れはどんどん埋積していくと、頑固な黒ズミへと変化していくので、まずはこのように汚れを除去していきましょう。

 

BMW ベージュシート 汚れ

 

BMW ベージュレザーシートの黒ズミの消し方とは?

BMWのベージュレザーシートの黒ズミはかなりメンテナンスをおこたった人の車輌で起こりうることです。

過去からの汚れが埋積し、それが黒ズミとなってシート表面に現れてくるのですが、背もたれ部分や座面、そしてサイドサポートの部分にくっきりと黒ズミが出てきます。

こうなってしまうと、少々落とすのには時間も労力もかかってしまいますが、これが綺麗に消すことが出来ると…かなりテンションが上がると思います(笑)ということで、消し方を少し紹介しておきます。

まずま手始めに、先ほどの作業と同様に洗剤と固く絞った雑巾はやって頂きますが、ここでどれぐらい汚れが取れるかですね!そして、それでも黒ズミが消せないと言う話になれば、やはり専用クリーナーです。

 

色々な商品があるなかで、コスト面と効果を考えればこちらがお勧めです!やはりあの独特のテカりも消えますし、シートだけでなくステアリングやノブなどにも使えるのが良い所でしょうね。

汚れも落ちてツヤも出る、そして革シートの欠点でもあるカサカサした感じもなくなるので、是非お使いいただきたい1品です。

 

Sponsored Link

BMW ベージュレザーを手抜きして綺麗に使うには?

清掃なんて面倒だと言う人も多いと思いますが、業者さんに清掃の依頼をしてしまうとかなりの金額です。

少々の手抜きをしても綺麗に使う!にはどうすれば良いか?そんな面倒臭がりな人にもこちらのコンディションローションをご紹介しておきますので、ご覧になってみてください。

 

一度、汚れなどをしっかりとお掃除して落としていただいた後は、こちらなどを施工しながら乗り続けて頂ければ、大きく汚れが目立つようにはならないです。

あとは、そもそもシートを汚したくない!となれば服装も非常に重要なんですよね(笑)特に、デニムの色落ちはシートにはダメージが大きいので、デニムを着た上で車に乗る機会も少なくしていただくだけで、かなり汚れがつくのを抑えることが出来ます。

ですので、そのあたりも注意して乗ることをお勧めしますよ!

 - 自動車修理, 自動車運転