オイル交換をやってないとどうなる?最悪な状態のエンジン画像他

   

オイル交換なんて別にしなくても…オイル交換ってしないといけないんですか?と色々な人がいるかとおもいますが(笑)オイル交換について無頓着な人や知らない人が多すぎですね。

確かに自動車学校などで丁寧にオイル交換のことについては教えてくれるわけではないので、細かく聞いたことが無い人が多いんですよね(笑)オイル交換をやっていないとどうなるのか?について今日は書かせて頂きますね。

そして最悪な状態を迎えたエンジンの画像や、こうなってしまったときの対処法などについても書かせて頂こうと思いますので、そのまま読み進めて頂ければと思います。

 

Sponsored Link

オイル交換をやってないとどうなるの?

オイル交換をやっていないとどうなるのか?エンジンが動かなくなります!でもこんな風に言ってもオイル交換しない人はしないですよね(笑)何故か?間違いなく面倒だから…もしくはエンジンオイルを交換するということを知らないか…どちらかですね。

前者は大きな出費を伴いメンテナンスがオイル交換を怠ることで訪れた時に再認識するので良しとして(笑)後者のオイル交換の意味合いをちゃんと理解していない人についてはかわいそうなので、アドバイスはしたいと思います。

オイル交換の重要性とは、エンジンを動かすための潤滑油のような機能をもっていますから、そのオイルは不純物などの発生の抑止にも効果があるのです!でもオイルを交換しないと、ドンドンとエンジンの中にその不純物が積もりに積もっていってしまい…最終的にはエンジンの内部はドロドロな状態になります。

これは車について全く知らない人でも、こんな状態になっていては正常では無い!そう感じると思うので、画像も載せておきますのでオイル交換を全くしたことが無い人はこのような状態になると思っておいてくださいね。

 

オイル交換 しないとどうなる

 

オイル交換をせずに最悪な状態となったエンジンの復活にかかる費用とは…

最悪な状態になったエンジンの画像ですがご覧になられましたか?ここまでの状態になるとかなりの費用がかかってしまいます。

各種機構部品については、このエンジンオイルを交換しなかったことで発生した汚れたちに押されてチェーンが延びたり、エンジン内部に損傷を加えたり、ピストンへとこべりついて驚くほどのカーボンが蓄積したりと、ほぼこの状態ならエンジン載せ替えです。

これは走行距離が10万キロ以上走っているからなどは関係ありません!6万キロや7万キロでも起きてしまう様な症状ですのでご注意ください(笑)さて、エンジン載せ替えとなると最低でも費用は何十万単位です。

エンジンのカーボンを除去洗浄するメリットは?おススメの方法他

軽自動車ぐらいの車輌でもエンジンとその他補器類、そして工賃なども考えると軽く30万以上の出費を伴うものとお考えくださいね!30万ともなると、もしかすると中古車で程度の良い古い軽自動車が買えそうなお値段です。

必ずオイル交換をして良い状態を保つように気を付けてあげてくださいね。

 

Sponsored Link

オイル交換が久しぶりな車輌に効果的なアイテムを紹介!

まずは久しぶりにエンジンオイルを交換するような車輌については、できればエンジン内洗浄などを対応してくれる工場だと有難いですね!やはりエンジン内部には色々と不純物が溜まっていますから、ヘッドカバーを取って除去するというのは難しいです。

ですので、まずは少し費用をかけてでもエンジン内部の洗浄をまずはおススメします!もしも費用を抑えたいと言う時には、ご自身で施工できるアイテムということになるのですが…となるとこちらでしょうかね。

 

エンジンオイルの交換前にこちらを注入し、少しアイドリングしてから排出するとかなり真っ黒に!トリートメントの効果で内部の汚れがしっかりと取れている感じを体感してもらえると思いますよ。

私は燃料に入れるタイプも、オイルに混ぜて洗浄するタイプもその車の状態によって使い分けています!実際にエンジンが軽くなったと言う人もいますしプラシーボ効果のようにも感じるかもしれませんが、実際に真っ黒なエンジンオイルが抜けていくところを見るといつもよりも黒い!と思われるでしょうし、複数回オイル交換時に実施すれば間違いなく状態は良くなると思いますよ!

適合するエンジン形式などをちゃんと確認してから、使っていただくと良いと思いますので是非トライしてみてくださいね。

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車運転