ウォータースポットが起きる原因は何?おすすめの除去方法や商品他

   

どんなに綺麗に車を洗車していても、気が付くと出来てしまうのがウォータースポットですよね…たくさんボディについた丸いシミのような跡に、かなり凹んでしまう人も多いのではないかと思うのですが、これが起きる原因をしってますか?

何度綺麗にしてもできてしまうので、洗車することを諦めてしまった人は是非こちらを読んでいただいて、原因とどうすれば除去できるのか?どんなアイテムを使って取れば良いのかを書かせてもらいますよ。

正直非常に簡単に除去できるので個人的にはおススメですので(笑)最後まで読み進めてくださいね。

 

Sponsored Link

ウォータースポットが起きる原因とは何?

ウォータースポットが起きる原因をご存知ですか?ウォータースポットとは書いて字のごとくウォーターのスポットなんですが(笑)ボディに水が付着しますよね?

例えば雨の日もそうですし、付着したその水、水滴が無数のレンズに早変わりしてしまい、そのレンズに対して日中に日が差した時にレンズを通してボディ表面のクリア面などを焼いてしまうんです。

ひどいものになると、触ると凹凸を感じるようなデコボコ上のウォータースポットが出来てしまう事もあるので、除去するのに少し時間がかかってしまうことになりますね!

起きる原因はこのようなことですが…青空駐車場などではウォータースポットが簡単に出来てしまうので、青空駐車場でもしもウォータースポットが起きてしまう要因を少しでも無くそうと思うのであれば、車全体をカバーで覆うなどが必要でしょうね。

 

ウォータースポット 原因

 

ウォータースポットを除去するのはコンパウンドでも良いの?デメリットとは…

ウォータースポットを除去するんならコンパウンドで磨くと早い!なんて声もあるのですが、これについて個人的には…反対です!ということでデメリットを書かせてもらうのですが、コンパウンドはやはり研磨していくので、磨き加減によってはコンパウンドでクリア、塗装面などを傷つけてしまうことがあります。

無数のウォータースポットを消そうと、ボンネットの上にコンパウンドを取りあえずダラダラと垂らしてしまい、とにかく色々な方向から適当に消すことだけを目的にゴシゴシしてしまうと、面の大きな部分に対して適当な磨きをしてしまっては、仕上がった時に凄く違和感を感じられると思います。

超微粒子のコンパウンドもありますが、微粒子と言えども力を入れて磨きすぎてしまうと…やってもらいたくはないですが(笑)恐らく磨いた後にガッカリされると思います。

このようなデメリットを回避できる商品がありますので、おススメのアイテムを是非ご覧になってください!

 

Sponsored Link

ウォータースポット おすすめの除去方法や商品はコレ!

ウォータースポット除去については、先ほどコンパウンドはお勧めできない!と書かせてもらいましたが、上級者であればコンパウンドなどをうまく活用して除去されている人もいます。

私もコンパウンドを使うこともあるのですが、ウォータースポットの量、ボディの色、あとは年式、塗装面の焼け方、クリアの飛び方などでそこは判断しているので、素人がいきなりやるのには向いていないということが言いたい訳です(笑)ということで、おススメしたい商品はこちらです!

圧倒的なレビュー数を見て頂くと分かりますが、かなりの利用者がいますので、参考になると思います!

 

私も利用したことがあるのですが、簡単な理由とは…こちらのクリーナーとスポンジでウォータースポットを優しくなでて頂いて、水で流すだけという優れものです。

ポリッシャー使用時の失敗例や初心者がやりがちなミスや作業手順他

ゴシゴシと磨く必要はないので、ボディに不用意なダメージを与えると言う事がありません!しかもホイールなどにも利用できますので、使い道は決してボディだけのウォータースポットということはありません!実際に商品レビューをご覧になってみて下さい(笑)その威力に驚かれると思います。

そして何よりも、安い!これに尽きます(笑)リピートで購入されている人が多いのも納得してしまいますね!強く焼けてしまったりしてしまうと、そもそもボディの塗装面からの修復をしなければなりませんが、それ以外であればかなり簡単に除去できますので、是非お試しくださいね。

 - 自動車売却, 自動車購入, 自動車運転