ポルシェ 壊れにくいのは本当?故障しやすい箇所や修理費について

   

ポルシェは壊れない!と様々な雑誌などでも取り上げられているのですが、アメリカなどでは壊れない車としてポルシェはランクインするなど、非常に人気ではありますが、でもポルシェは本当に壊れにくいのでしょうか?

言わせて頂くと…本当に数年間所有したことがあるのかな(笑)なんて思ってしまいます!ポルシェをある程度の期間所有していて、壊れたことが無いと言う人はいないと思いますね。

機械物ですから…壊れない車なんて存在しません!故障率という話になるのでしょうけど、そんなに低くもないですね…でもめちゃくちゃ高いと言う訳でもないのですが、今日はポルシェは本当に壊れにくいのか?そして、故障しやすい箇所について書かせて頂きます。

ポルシェを購入したいと思っている人は、一度検討するためにこの記事を読んでいただくのが良いでしょうね。

 

Sponsored Link

ポルシェは本当に壊れにくい?そう言われる理由とは…

ポルシェを購入する人で、新車で購入すると言う人は僅かだと思いますが、中古車で購入する人が大半なのではないでしょうかね?中古車のコンディションにもよりますが、間違いなく新車状態よりも劣化は進んでいるので、故障率はグッと上がります。

特に、新車保証や延長保証が切れてからのポルシェはベンツやBMW同様に、故障しやすくなりますい、故障した際の出費もベンツやBMWとは比べ物にならない程の金額ですよ。

カイエンだったらカルダンシャフトは消耗品の1つですし、水平対向エンジンのオイル消費はBMWやベンツと比べると遥かに多いです(笑)オイル交換しても数千キロ走ると間違いなく減っています。

ですので、メンテナンスフリーなんてイメージでポルシェを乗ると、エンジンオイルが減り…そして異音が出たり…最終的には…(笑)なんてことになるので、本当に車好きでないと乗れる車ではありません。

他にも、996型などはインタミ問題もありましたし、ドライブトレインマウント問題なども過去にありましたよね(笑)ですので、本当に壊れにくいのか?と言われると私は決してそんなことはない!と言い切れます。

 

ポルシェ 壊れにくい 理由

 

ポルシェの壊れやすい故障箇所とはどこ?

先ほども申し上げたように、ポルシェでもSUVなのか?それともクーペなのか、はたまたパナメーラのように4ドアタイプなのかで、故障箇所もことなるのですが、とはいえ故障する傾向としてどの車にも当てはまるのはオイル漏れ。

特に面倒なのは、水平対向はほぼ車からエンジンを下さないといけませんし(笑)カイエンやパナメーラなどのV型エンジンはこれまたパッキン関係の整備は非常に面倒です(笑)というより、私はV型のエンジンのガスケット交換が嫌いなだけですが。

水冷よりも、確かに空冷の方がオイル漏れなどは多いですが、とはいえ水冷ももれなくオイル漏れ特典が御座いますので(笑)間違いなくオイル漏れ修理が必要だということは覚えておいてください。

あとは足回り関係などもポルシェは決して強くないですね…走れる車であることは間違いないですが、耐久性については少々疑問があります(笑)定期的に部品をしっかりと交換することで、その性能は決して色あせることはないですが、1つ1つの部品、そして工賃はけたたましい金額です!故障修理、そして定期的なコンディション維持のメンテナンスをしていては、維持費だけでもう1台車が買えてしまいますよ。

ポルシェの維持は非常に大変なんですね!ですので、車体購入だけで満足していてはダメです(笑)車体を購入する費用と同じぐらいのメンテナンス費用は持ち合わせておくのが良いですよ。

 

Sponsored Link

ポルシェの修理費用は高い?安く修理するには…

ポルシェだって普通の車なんだから、そんなに特殊な作り方はしていないはず!なのに何故高いのか?やはりポルシェというステータスですよね(笑)このステータスを購入・維持していると考えられるぐらいの器量が無いと、ポルシェに長く乗りつづけるのは無理でしょう。

ポルシェの修理・メンテナンス費用ですが、よほどの良心的なお店であってもかなり高いです!ベンツやBMWに乗っていたことがある人でさえ、ちょっと驚くべき金額です。

ポルシェのディーラー車検では、リアルな数字として40万、50万の車検代なんて当たり前ですし、これが乗り越えられないようでは、ポルシェ購入は控えるべきですね。

986ボクスターは何故安い?その理由やウィークポイントとは…

今現在乗られている人で大きな故障に遭遇していない人は、ラッキーです!間違いなくラッキーですが、もしも先の故障が怖くて手放したい人は、早めに処分された方が良いです。

本当に好きな人は乗られてください!ちょっとポルシェに乗りたかったぐらいの人は、警告灯が点灯していない、故障箇所が少ない状態の時に現金化しておくのが良いでしょうね(笑)ちなみに、安く修理する方法としては、工賃は交渉しかないですが…部品なら方法はあります!

 

ブレーキパッドも純正品となると、こんな値段では購入できません!社外品でも十分性能が良いものもありますので、機関部品を含めて、なるべく消耗品関係については安価なものを選びながら、そして性能なども口コミやレビューで確認しながら購入してください。

数万円なんてすぐに安くなります!是非とも故障での修理、メンテナンスをする場合には社外品・OEM品なども視野にお探しくださいね。

 - 自動車修理, 自動車購入, 自動車運転