ベンツ おすすめの車種やクラスとは?モデルやタイヤやグレード他

   

どうも大和です、最近は温かいというより、暑くなってきましたね、先日冷房をかけると何だかかび臭い…これは約1年振りに冷蔵をつけたからだと思い循環をさせていましたが、どうも良くならないので、フィルターを総取り替えしました。

このような症状に悩まされている人というのは、意外と多く実はフィルターの交換が出来ていないことが多いのは事実です。

車検の時などに、お金がかかるということで、このような整備をケチってしまうと、後々しっぺ返しが来ますので、あまりお値段的にも高くないので、必ず最低でも車検毎には変えた方が良いでしょうね。

【Air-04】 エアコンフィルター ホンダ VALFEE製 特殊3層構造 活性炭 純正交換 アコード アコードワゴン インスパイア オデッセイ エリシオン レジェンド ステップワゴン シビック ストリーム CR-V クロスロード 等 FJ3741

さて、今日は人気のメルセデスベンツについて、また取り上げようと思うのですが、人気のおすすめ車種というのは、わたくし大和の目線でお伝えしたいと思います。

業者オークションの値段も完全網羅していることから、割安感のある車種なども紹介をしていきますよ。

Sponsored Link

ベンツのおすすめ車種やクラスとは?

メルセデスベンツはよく壊れるので買わない方が良いというお話もよく聞きますが、これはしっかりと個体選びをすることですね、私は個体選びは本当に慎重です。

ベンツ 中古車の注意点は?故障しない車両の見分け方やポイントは

さて、ベンツに乗ってみようかとお考えのあなた、現在は色々な車種があって、どれにしようか悩まれている人も多いかと思います、GLAやGLC、GLAにCLA…もう何が何だか分からない人も多いことでしょう。

その中でも私、大和のおすすめベンツは、CLSという車種のW218型をお勧めしたいと思いますね。

フロントマスクも精悍ですし、最近の現行型と見比べても見劣りをしないので、是非乗るならCLSに試乗してみてはいかがでしょうか、特にエアサス車でないグレードを選び、車高調を入れて乗れば、嫌なエアサス問題に頭を悩ませることなく乗り続けることができます。

【シャーゼン by エクステンドレーシング】Scherzen 全長調整式フルタップ車高調サスペンションキット Base model ■ Mercedes- Benz CLS 【 W218 】 2011年6月〜

どうせ選ぶなら、私はシャーゼンの車高調あたりがリーズナブルですし、乗り心地も悪くありませんしね。

 

ベンツ W218

 

ベンツ W218のCLSおすすめグレードとは?

探すときには、やはり白や黒に目が行きがちなのですが、あえて赤などの派手な色を選ぶと目立ちますし、特に相場よりも安いのでおすすめです。

赤であれば、ホイール選びも慎重にいきたいところですが、正直ブロンズ系のホイールも栄えますし、意外と赤というカラーはカスタムにはもってこいなので本当におすすめです。

P11  22インチアルミホイール  ベンツ W221 W222 W219 W218 22インチ ホイール 9J×22 +32  10J×22 +32255/30R22 4本  GL ML W166 X166 チューナーサイズ

コンケーブが人気ではありますが、あえて出面のあるスポーク系のホイールを換装して乗るぐらいが私としてはベストだと思いますけどね。

乗り心地という点ですと、あまり扁平なタイヤを選ばずに、少しハイグレードで厚みのあるタイヤを選んでおきたいところですね。

車のサイズ的にも、19インチないし20インチぐらいがおすすめというところでしょうかね、そんな私は22インチぐらいの大口径が好きではあったのですが、ベンツのカスタムに大口径は似合わないようにも思います。

コンチネンタル 255/50R19 103W MO CSC5SUV コンチスポーツコンタクト5 SUV (メルセデスベンツ承認) サマータイヤ (4WD SUV)(19インチ)(255-50-19)

これは車屋あるあるなのですが、お客さんが履いているタイヤの銘柄を見て見積もりを出したりするような車屋さんも多いのは事実、正直アジア系タイヤを高級車に履かせている場合、お金を持ってないのだろうな…なんて思われることもしばしばあるので、ここは最低でもピレリやミシュラン、コンチネンタル辺りを選択しておきたいものです。

さて、グレードとしては税金の問題もあると思いますので、CLS350辺りを狙うのが良いでしょうね、4人乗ってもあまり加速感など気になるところはないですよ。

Sponsored Link

ベンツ W218の業者オークション相場とは?

W218のベンツに決めようと思われた方も少なくないと思われますが、これでも決めかねている人は、試乗することをおすすめします。

一度乗らないと決められない、そんな人も多いと思いますが、乗るも何も値段で決めたいと言う人はもう少しお付き合い頂きたいのですが、W218のCLSについて相場を書いておきたいと思います。

安く買いたいと言う人は、年式的には23年か24年あたりを狙っていくのがおすすめで、10万キロを超えたあたりになると、業者オークションの落札相場も、車体だけで130万~150万ぐらいの間です。

店頭に並べば、恐らく160万~180万ぐらいではないでしょうか、走行距離がもう少し少な目がと言う方は、7万キロ代で160万~180万くらいですね。

色については、やはり白や黒は高めで、シルバーなどの色は比較的落札相場もお安めです、AMGスポーツPなどはエアサスになっているので、できればバネサスのベンツを狙う方が良いでしょう。

カープライスの「独自オークション」は、中間業者が入らないから高値買取

そして、その前にご自身の車を売るところからスタート頂きたいのですが、色々な買取屋さんがネットなどでも高価買取をうたっていますが、ご自身の車がオークションのようにドンドン競りあがる方が、売る時にメリットがあると思いませんか?

私なら、間違いなくその方式を選ぶのですが、実はそのような中間業者が入らない高価買取を実現している会社があります。

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

例えば、100万円で買取の見積もりをした車が、10%でも15%でも高価買取されれば110万、115万と上がるわけですから、得以外の何でもありませんよね。

実際に、今乗られている車は傷だらけだし、価値はないし、事故車だし…とネガティブになる必要はないですし、個人オークション売買サイトのような名義変更をしてもらえないとか、名義変更前に事故をされたなどの危険性も皆無です。

えっ、こんな高く売れるの?! 独自オークションシステムで高額買取

特に初めて利用される方は衝撃を受けるかもしれませんね、実際に私が出した買取価格よりも高い金額で買取を実現されたお客様もいますし、私としては非常に悔しかったのですが、システム上ぐんぐん値段が吊り上るわけですから、一発で買取見積もりをする私に勝ち目がないことは明白です。

さて、少し話がそれましたが、W218については今後も人気が引き続き続いていくと思われますので、もし購入を検討している方は今がタイミングだと思います。

 - 自動車売却, 自動車購入