ルノーが人気ない理由とは…気になるリセールバリューも公開

   

どうもこんにちは大和です!今日はつい先ほどまで寝ていました…ここ最近の疲れが尋常ではなかったので、たまには熟睡でも良いかと思っていたら、軽く12時間以上寝ていたので驚きです。

さて今日はルノーについて書かせてもらいます!ルノーと言うと日産とかゴーンさんのイメージもあると思いますけど、その話題ではなくあくまで車両についてのお話となります。

ルノーも気になるな…と思われている人!実際に乗られている人が身近にいますか?多分いないので選んでいるところもあるかと思いますけど(笑)今日はルノーが人気ない理由や気になるリセールバリューを書かせてもらいます。

買っても廃車にしない場合売ることになるのですが、買った車が最終的にどのぐらいになるのかも気になりますよね?ということでしっかりと書かせて頂きますね。

 

Sponsored Link

ルノーが日本で人気?人気ない理由とは…

ルノーが日本で人気という話を聞くこともありますが、本当でしょうか?良くみかけるようになったなんて話を聞きますけど…本当でしょうか?(笑)私は全然みかけませんね。

むしろ見ない…いやほとんど見ない…だってルノーですよ?(笑)これは冗談ですけど、私のなかで一時期問い合わせが多かったのがルノーのカングーですかね。

これは問い合わせが多かったです!あの見た目が本当にかわいいということでファミリー向けに人気、どちらかというと自然とかキャンプとかそんなワードと結びつくファミリーに人気ですね。

でも、日本で人気は言いすぎです…確かに過去と比べると輸入台数は増えていますけど、それでもベンツ、BMW、ワーゲンの牙城を崩すほどの存在でもないですし、伸び率だけで見ると高いですが、人気は特定ユーザーのみの需要増なので、人気は無いでしょうね。

また人気ないというより、乗るまでは良いけどそこから大変な目にもあうので、そのあたりについて書かせてもいます!

 

ルノー 人気ない 理由

 

ルノー 人気ないのは壊れやすいから?修理費用についても…

ルノーですけど、人気ないのは壊れやすいからです(笑)これはハッキリと言っておきます。

というより元々特定の人が好きなだけで、万人受けしている車両ではないですね…カングーは本国でゴリゴリの商用車ですから、日本人がこぞってADバンを買って乗っているかと言うと、そんなこともないですしね。

ですので大前提人気ないと思ってください!さて、ルノーに乗ってから後悔するのは、間違いなく修理費用です!カングーを新車購入すると大凡300万ぐらいはしたと思いますが、300万クラスの価格帯の国産の同じ形の車両で考えると、故障発生の頻度から1つ1つの部品の修理費用は高額です。

ですので、「えっ?カングー案外安いじゃん」なんて考えで購入をすると大変ですよ!ってことです。

カックンするブレーキも慣れるのには時間もかかりますし、やはり嫌な感じはします(笑)そしてオートマの変速も滑らかさはないですね…あの室内のキシミ音とか、トラックのようなガタガタ感…見た目で満足しても居住性は非常に悪いです。

何より、ルノークラスだと輸入車と言っても…間違いなく見栄は張れませんし、渋いとかツウな感じも出せませんよ(笑)もしもそれを狙っているのであれば、思い違いです。

300万出す、そしてアウトドアで使うとなるならランクルの型落ちを購入した方が全然無難ですかね。

 

Sponsored Link

ルノー カングーのリセールバリューを公開!

皆さんお待ちかねのルノーカングーのリセールバリューを今日は紹介していきたいと思います(笑)実際購入してどのぐらい乗って、どのぐらいのタイミングで手放した時にどのぐらいの値段になるか…気になりますよね?

もしも気になる人は直接お問い合わせください!と言いたいところですが、久しぶりに業者オークションでの取引されている価格帯のご紹介をしておきたいと思います。

31年式のルノーカングー、グレードはゼン、そしてAT車の走行距離約3.2万キロ、色はブルー、事故無し右ハンドルの1オーナーだとして業者オークションでの取引価格は210万ほどです。

 


恐らく、買取価格となると190万前後が攻防ラインでしょうかね!これが5年落ちとなると150万前後、そして7年落ちとなると100万はつかないでしょうね…。

勿論買取価格となると10万~20万ぐらいはマイナスとなるので5年落ちで130万前後、7年落ちで80万前後ぐらいでしょうかね!案外値段あるな…と思われている人もいるでしょうけど、実際に買取となると「ルノーは壊れるんであまり人気が…」という話を耳にすることになると思います。

カングーは故障しやすい?その訳や後悔する人が多い理由とは…

ですので、買取交渉は案外難航すると思うので、そんな場合にはそんな手間な交渉はせずにネットでのドライな査定がおススメ(笑)本当に買取したい会社が交渉をしてくるので、安いところは「お宅は査定が安すぎるので来てもらわなくて結構」でOKです。

もしも乗られている人で買取してもらいた車両の査定に満足感を得ることができていない人は、こちらなどから査定をされてみてください。

 - 自動車売却, 自動車買取, 自動車購入