安いオイルをこまめに交換してもダメ?その理由やデメリットとは…

   

エンジンオイルは私自身拘りがありまして…ちゃんと車と会話しながら交換をしてあげています(笑)それはオーバーですが、それほどエンジンの状態を知るには、このエンジンオイルは非常に重要なんです。

廃油も触ったり、指で擦り合わせたりすると、長年の経験で手に取るように状態がわかるものです!でも…一般の人にはこの感覚を磨くのは少々酷ですので(笑)そこまでとは言いませんが、あなたの愛車です。

是非ともケチらずにオイル交換だけはしっかりとやってもらいたいと思います!さて、今日ですが安いオイルをこまめに交換しても効果があるのか?こまめに交換してもダメだと言われる理由や、デメリットについて書かせて頂きます。

 

Sponsored Link

安いオイルをこまめに交換してもダメな理由とは…

高いオイル派から見ると、所詮は安いオイル!こまめに交換したからといって、エンジンの性能を維持するには無理だ!このような人もいるとは思いますね。

でも、本当にこまめにオイル交換をしてもダメなのか?ダメだと言われる理由は、間違いなく安いオイルは安いなりの性能しかないので、エンジンの汚れも浄化できないし、暑い時期や寒い時期などの始動性、耐久性が脆弱すぎる。

このような視点から言われることがほとんどでしょう(笑)でも、どこまでのレベルを求めているのか?なんですよね…例えば、レースで走るほどの熱量をケアしなければならないのか…氷点下20℃の中で走ることが多いので、寒さに対しての耐性がいるのか。

そう考えると、ほとんどの人はNOだと思います(笑)となると、個人的には安いオイルをこまめに交換するのはダメでは無いと思うんですよね!先述も別の記事で書かせて頂きましたが、サイクルをしっかりと遵守し、オイルを定期的に交換してあげる、エンジンの状態をみて適正なオイルを入れてあげる方が間違いなくエンジンには優しいです。

もしも安いオイルをこまめに交換しても意味がないとか、ダメだなんて言われても、安いオイルでも良いものはあります(笑)最後に紹介しますので是非ご参考に。

 

安いオイル こまめに交換

 

安いオイルをこまめに交換するデメリットとは…

こまめに交換しても決して悪いことは無い!のですが…でもデメリットはあるんですよね(笑)これに目を背けてしまうのは良くありません。

まずこまめにオイルを交換すると言う定義を考えると、例えば5000キロ毎に交換していたものを2500キロ毎に交換にしてしまうと考えると、オイル交換の費用が倍かかるわけですよね。

オイル交換をやってないとどうなる?最悪な状態のエンジン画像他

カー用品店などに車両を持ち込んで交換する場合、その待ち時間もかかるので、そのような手間を考えると、こまめに交換することがエンジンには決して悪くないとわかっていても…時間もお金も使う分、これは明らかなデメリットでしょうね。

あとは、エンジンには悪くないと言えど、そのエンジンに指定されている粘度などを無視した安いオイル交換は逆効果です(笑)ただ単に安いオイルをこまめに交換しておけば大丈夫という考え方をお持ちで、それを実践してはデメリットが多いです。

スラッジなどのエンジン内部の汚れが蓄積しやすくなり、燃費悪化、オイル食いなどが始まってしまうなどデメリットがありますね。

 

Sponsored Link

こまめにオイル交換するならコレ!安くて高性能なエンジンオイル

安いと言えどピンキリですが、安くてこまめにオイル交換をするならコレを使ってもらいたいと個人的には思っています。

 

化学合成オイルならタクミのオイルはおススメです(笑)化学合成でしかも、このペール缶容量でこの価格ですから、品質とコスパを考えると、間違いなくお得です!4L缶を買うよりも、こまめにオイル交換をする人は間違いなくペール缶をお勧めします。

 

あとは純正オイルのペール缶もおススメですね!トヨタ、日産など各種メーカーの純正オイルをペール缶で入手しておけば、こまめにオイル交換をする人にとってはかなりお得です。

オイル交換をする目安は距離それとも期間?オーバーした時の対処法

エンジンの状態、これは年式や走行距離などに応じてとなるのですが、これを見極めながら最適なオイル交換をしてあげてくださいね。

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車車検, 自動車運転