エンジン警告灯が点灯してガタガタ振動した時の対処法や交換部品他

   

どうもガタガタと振動しているように思える…気のせいのような…と今思われているあなた!冷静に1つ1つチェックしてその問題点を一緒に解決しましょう。

ガタガタと振動があるのはどのような状態の時に起きているでしょうか?不安もあろうかと思いますが、いつどのような時に症状が出ているのか、ここをしっかりと記憶して、記録しておいてください。

修理工場に持ち込んでも一切症状が出ずに、点検費用のみ取られてしまう事もあるので(笑)さて、今日はエンジン警告灯が点灯して車がガタガタ振動した時の対処法や交換すべき部品について書かせて頂きます。

 

Sponsored Link

エンジン警告灯が点灯してガタガタ振動した時の対処法とは…

エンジンの警告灯がメーター上に点灯して、そしてガタガタと振動が続いている場合!どのような対処をして頂きたいか、これから書かせて頂きます。

まず警告灯が点灯してガタガタと振動があれば、これは間違いなく異常です!さて対処方法ですが、メーター内のアイドリング状態を確認しましょう(笑)恐らく、ガタガタ振動しているので、アイドリングがブルブルと上下運動をしているはず。

そのままアクセルをふかして、アクセルをその後OFFにし、アイドリングの動き方を見てみて下さい(笑)恐らく、凄く落ち込みませんでしたか?ドライブに入れて軽く前進、そしてブレーキング。

これを繰り返してもらって、エンジンはストールしそうにないけど、ガタガタの振動が続くようであれば、あの部品を交換しなければならない!ということになりますので、そのまま交換すべき部品を次に書かせて頂きますね。

 

エンジン 警告灯 点灯 ガタガタ 振動

 

 

エンジン警告灯が点灯してガタガタと振動がある場合に交換すべき部品とは?

どちらにしても警告灯も点灯しているので、部品の交換は避けられません(笑)国産車でも輸入車でも、警告灯点灯と共にガタガタと振動がある場合にはあの部品を交換です。

 

それはこちらですね!定番のイグニッションコイルの部品交換をしてください(笑)気筒毎に交換できる部品なので、ダメになっている部品については交換してもらいたいのですが、年式や距離、交換工賃を考えるともう全数交換しておくべきですね。

そして…点火プラグ自体そもそも交換した記憶が無い…と言う人はセットで適合する点火プラグも準備しておきましょう!プラグとイグニッションコイルはセットでの交換をお勧めしますよ。

 

Sponsored Link

エンジン警告灯が点灯せずにガタガタ振動がある場合の交換すべき部品とは…

エンジン警告灯なんてものは点灯していません!でもガタガタ振動が出ているんですが…と言う人はこちらに書かせて頂く内容を確認してみて下さいね。

エンジン警告灯が点灯していないということは、少なくともエンジン単体における故障の可能性は少ないでしょうね(笑)これはあくまで警告灯を100%信じてということになるのですが、そんな時に確認してもらいたいのはズバリ!エンジンマウントという部品です。

 

そんな部品初めて知ったと言う人もいるかと思いますが、エンジンはどのように支えられているか知ってますか?ただ単にボンネットの中にエンジンが収まっているだけではありません。

このエンジンマウントの上にエンジンが載っているんですね(笑)ということは、このエンジンマウントがもしも壊れていたらどうなるか?これはエンジンの振動を吸収できなくなるので、エンジンからの振動がハンドルなどから伝わってきます。

L175S 異音の原因とは…足回りやエンジンマウントの修理費用他

ブレーキを踏むと音が出る理由とは?キーキー鳴る場合や振動の原因

オートママウントと呼ばれる部品などでも振動が出ますので、どうせ交換するなら一緒に交換するのが良いでしょうね!この手の部品修理は輸入車だと当たり前で国産車でもムーブやエスティマ、ミラジーノやフィットに乗られている人はご注意くださいね。

ということで、今日はエンジン警告灯が点灯してガタガタ振動する場合の対処法について書かせて頂きました(笑)

 - 自動車修理, 自動車燃費, 自動車車検, 自動車運転