BMW ディーゼル車の故障や弱点とは…すぐに壊れる部品について

   

BMWのディーゼル車ですが乗られている人も多く、皆さん口をそろえて燃費が良い!と言われますね(笑)そんな口コミもあってか、ガソリン代が安く済むのであれば、維持費も安くなるのでは?とお考えの人も多いのではないかと思います。

国産の新車を買うか…輸入車ディーゼルの新古車を買うか…そんな選択に頭を悩ませている人も多いでしょう!でもBMWです(笑)壊れたら国産車とは比べ物にならない修理費用がかかります。

これは勘違いしてはいけません!(笑)安く買えるので修理代も安いハズというのは大外れです!どんな条件でかってもBMWはBMWですからね…さて今日はBMWのディーゼル車の故障しやすいところや弱点について書かせてもらいます。

すぐに壊れる部品は事前に安く購入をしてもらっておいた方が良いかと思いますよ!

 

Sponsored Link

BMW ディーゼル車の故障や弱点とは…

ディーゼルはやはりあのトルク、そして燃費性能ですよね!ディーゼルのターボだと、おなじような排気量の車に加速なども全然負けていません。

エアコンをつけての坂道走行なんかでもお手の元ですし、何より燃費も良い!ただ、ディーゼル車はガソリン車と燃焼機関の構造が少々違いますので、そこには目を向けておくべきです。

さて、BMWのディーゼルの故障の定番といえば、やはりエンジンまわりのあの部品ですね(笑)年式、走行距離に問わず修理になってしまう車もあるのですが、それはEGRバルブですね。

このEGRバルブですが、壊れると走行中に息つぎがおきたり、はたまたATがシフトアップ、シフトダウンしない…変速不良?のような症状が出てしまう傾向があります。

一部リコールなども出ている部品で、自分の車は対象外だった(笑)なんて喜ばれる人もいますけど、実際対象になっていない車両でもこのEGRバルブの修理は本当に多いです。

ですので、まずはこの部品は弱点だと思っておきましょう!私が購入をおススメしたい部品などは最後に書かせてもらいますよ!

 

BMW ディーゼル 故障

 

BMWディーゼル車 EGRバルブと共に壊れやすい部品とは…

EGRバルブは定番の修理部品だと思っていただいて、更に弱点と言いましょうか壊れやすい部品を書かせてもらいますが、EGRバルブの故障ではテスターでのエラー表示がかなり出てきます。

ですので、EGRバルブにたどり着くのは少々厄介なんですね(笑)ただ、この部品と連動して壊れやすい部品があります!それはO2センサーです…BMWだとラムダセンサーなんて言い方もしますかね。

この部品もEGRバルブの点検時に案外壊れていたりする部品ですよ!しかもご存知の通り、EGRバルブとこのO2センサーは部品だけでも非常に高額なので、初めてBMWの修理を経験する人は萎えてしまう金額でしょうね。

ということで…まずEGRバルブの交換となるとガスケットなど再利用できない部品も踏まえ、大よそディーラーだと8万前後、一般的な車屋さんで7万前後、6万円台以下だと良心的な車屋さんでしょうね。

O2センサーはディーラーだと1つ交換で大凡7万円ぐらい…それ以下で交換してもらえたら良しとしましょう(笑)O2センサーは単なる紐状の部品なんですが、専用の工具なども必要ですからね。

 

Sponsored Link

BMW EGRバルブとO2センサーを安く修理する方法とは…

1円でも安く修理したいと言う人には、やはり各種部品は自分で調達して修理してもらうようにしましょう!ただ、持ち込み修理していない車屋さんもあるので、それは注意してくださいね。

 

このように案外純正OEMでもお手軽な値段で販売されていますので、ディーラーなどで見積もりを取得して、高額な場合は修理方法を切り替える選択をしても良いかと思いますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BMW O2センサー ラムダセンサー 2シリーズ F45 F46 X1 F48 MINI F54 F55 F56 F57 F60 11788600992
価格:29000円(税込、送料別) (2021/9/4時点)

楽天で購入

 

 

あとはO2センサーもこのように入手可能です!まちがいない選択だとすれば…それは純正部品なんですが(笑)あくまで自己責任の範疇で安く修理したいと言う人にはお勧めですよ。

BMW 218dのバッテリー交換費用や方法とは?上がる前の症状

ということで今日は2シリーズの故障、弱点などについて書かせて頂きました。

 - 自動車事故, 自動車修理, 自動車購入, 自動車車検, 自動車運転