アウディ DSG故障(Sトロニック)の原因や耐久性は?修理費他

   

アウディはよく故障するんですか?こんな質問が案外多いですが、輸入車は国産車に比べると本当に故障が多いですからね(笑)にしても個人的にはアウディとワーゲンは本当に故障が多いです。

色々な車を過去販売させてもらっているのですが、アウディとワーゲンには悩まされましたね…売った後にまともだった個体はありません!でもこんなこと言うとアウディオーナーから怒られてしまいそうですが、でも本当なんですよね。

さて、色々な故障の中でも一番気を付けたいのがあのDSG!アウディだとSトロニックなんて言い方もしますけど、今日はDSGに統一して話をしたいと思います!故障の原因や耐久性、そして修理費についてもかかせてもらいますね。

 

Sponsored Link

アウディ DSG故障の原因とは何?

アウディのDSG故障の原因は一体何なのか…これは日本の道路事情もあります!DSGなどは長距離巡航には非常に向いているのですが、ストップアンドゴーが多い日本の道だと、あの不規則に変速をおこなうDSGはハッキリ言って不向きです。

実際に乗ってみるとわかると思いますが、低速での交差点の右左折、坂道発進などでガタガタと音がしたりジャダ―が出ているようなことはありませんか?この繰り返しが間違いなくダメージを与えているんです。

ですので、日本の道路事情は間違いなく1つありえます!そして、DSGのそもそもの革新的な作り(笑)も故障の原因ですよね…画期的な変速機であることには間違いないのですが、やはりトルコンATには勝てません。

ということで、次に耐久性について書かせてもらいたいと思いますので、是非読み進めてくださいね。

 

アウディ DSG故障

 

アウディ DSG(Sトロニック)の耐久性とは?

アウディのDSGについてですが、耐久性はあるとは言えないですね…と言っても新車で購入してすぐに壊れるようなケースは少ないのですが、こちらの経験談としては…5年落ちから7年落ちぐらいの車体は非常にリスクが潜んでいますね。

実際に、どのクラスのアウディでもこのDSG故障トラブルに巻き込まれているのは、5年落ちぐらいからの車体が非常に多いのです!もう10年落ちとなると…いつ壊れてもと思っておいてもらって良いかと思います。

とくに減速時、停止寸前ぐらいでうしろからドンと蹴られたようなショックが出てきたりする場合には、これは兆候としてちょっと危ないですね(笑)いつの間にかバックに入らないなどの症状が出てくると思います。

発進・後退の不具合が出てしまうと、初期症状ではエンジンを一度きり、その後つけると復活!なんてこともあるのですが、いつの間にか復活しなくなりますので、そんなときにはすぐに修理を考えましょうね。

その状態から良くなっていくことはどんなに優しい運転をしても無駄なのでお気を付けください。

 

Sponsored Link

アウディ DSGが故障した時の修理費用について

DSGが故障した時の修理費用についてですが、これはA1とA7では全然異なってくるのですが、A1クラスの個体でも50万以上は覚悟しておいた方が良いですね。

A7クラスになってくるともう100万円以上は覚悟した方が良いですね…ちなみに、湿式でも乾式でも壊れます(笑)自身のDSGは湿式だからなんて思っていてもそれは無駄ですね。

 

DSG自体湿式でも乾式でも壊れますよ!さて、故障についてですが、先ほど書かせてもらった金額はトランスミッション部分についての修理も含むのですが、メカトロニクス部分だけの交換であれば、もう少し安く済みます。

DSGとSトロニックの違いとは?乗り味や燃費他故障率についても

どうせ丸々修理しないと復活しないんだよな…と思われている人は、どうせ修理するならまずはメカトロニクスの交換を実施してください!ほとんどのアウディのDSGトラブルについては、このメカトロニクスの交換でなんとか原状復帰する場合もありますよ!よく調べて頂くと、メカトロニクスのリペアキットもありますので(笑)ということで、今日はアウディのDSGについて書かせて頂きました!それではまた。

 - 中古車屋 開業, 自動車修理, 自動車売却, 自動車購入, 自動車車検, 自動車運転